ペンを持つ女性

ビジネス分析ツールと、それがチームに不可欠な理由

組織が目標を決定する際には、チームの IT アナリストやビジネス インテリジェンス (BI) マネージャーに対して、適切な情報を収集できる最適なツールとソリューションが求められます。適切なビジネス分析ツールを企業が導入することで、複雑なプロセス、アルゴリズム、さらに幅広いデータセットの評価によって未来を定義し、組織の意思決定を実現できます。

包括的なビジネス分析ツールをプロセスに採用して、今までのリアルタイム データ、トレンド、パターンを分析すると、ビジネス分析の情報に基づいた評価によって組織にプラスの影響を与えることができます。

ビジネス分析がもたらす効果

ビジネス分析の定義を的確に表現するなら、スキル、テクノロジ、実践を組み合わせて活用し、ビジネス データの探索と評価によって統計分析を実現する、ソフトウェアやソリューションのことです。

ビジネス分析を別のツールとともに使用して、これまでの成長を理解し、将来の出来事や付随して発生する可能性が高い課題を予測することで、こうした困難を実用的な武器に変え、ビジネスにポジティブな効果を与えることができます。ビジネス分析は、次の要素を備えています。

  • データ集計

  • データ マイニング

  • 予測

  • テキスト マイニング

  • ビジュアル化

データ分析を次のレベルに引き上げる、デジタル ツールの活用。ビジネス分析ツールは、ビジネス データの調査と分析だけでなく、効果的なソリューションを提示するアプリケーションやソフトウェア ソリューションとして機能します。

ビジネス分析ソフトウェアをチームに導入する効果

データの取得、レビュー、分析にビジネス分析ソフトウェアを活用するからには、ただ便利な数値をはじき出す単純な作業ではなく、予期せぬ事態に備えた計画を実現したいものです。そのため BI マネージャーと IT アナリストの多くは、必要な指標の分析ごとにビジネス分析ツールをいくつも使用しています。必要なすべてを実現できるソリューションは、ほとんど存在しないのです。

予測 モデリング ツール、統計ソフトウェア、データ マイニング ツールなどを組み合わせて利用すれば、ビジネス データから全体像を把握して、効果的なインサイトを導き出し、智略に富んだ意思決定を実現できます。

ビジネス分析ツールがマネージャーとアナリストにもたらす効果を次に示します。

  • 業績について理解する。

  • データに基づいて結果を解釈し、発生した原因を特定する。

  • 改善すべき点を特定する。

  • 潜在的な課題を発生前に解決する。

  • 組織に影響を及ぼす可能性がある潜在的な出来事について、意思決定者に警告を発する。

  • 想定されるビジネスの意思決定に基づき、その結果を予測する。

結果的にビジネス分析ツールは、ビジネスの目標達成、持続的な競争力、コンプライアンスの維持を実現する方法について、マネージャーやアナリストを満足させるインサイトをビジネスにもたらします。

ビジネスを目標達成に導くビジネス分析の種類

ビジネス分析ソフトウェアでデータを評価する際には、4 種類の分析を利用してビジネスの目標を定め、意思決定を行うことができます。各タイプの分析は、それぞれ異なるビジネス目標の達成に使用します。

  1. 説明: これまでのデータと KPI を解釈し、トレンドとパターンを特定します。
  2. 予測: 将来の意思決定に明確なコンテキストをもたらす統計モデルと機械学習手法を用い、統計によって今後の業績を予測します。
  3. 診断: データ マイニングや相関などの手法で作成した、過去の業績データに特化した分析で、特定のトレンドと将来のイベント発生に影響を与えるデータ要素がどれかを決定します。
  4. 規範: 説明と規範を満たすように構築した分析で推奨するアクションを特定し、収益性を最大化する顧客の反応と業績の達成を確実にします。

ビジネス分析と ビジネス インテリジェンスの比較

ビジネス分析とビジネス インテリジェンスは、お互いに履歴データの収集と解析に特化しているため、しばしば混同されてしまいます。しかし、両者が達成する目的が異なるため、ツールを決定する前に、まずはゴールを定める必要があります。両者の相違点は、ビジネス インテリジェンス がレポート手法を使用して過去や現在の情報を探索し、このデータをユーザーに対して魅力的なビジュアル形式で表現しますが、一方でビジネス分析は、ビジネスの将来とそのデータを活用する方法に特化しています。

ビジネス インテリジェンスよりも、ビジネス分析に適したツールを採用すべきシナリオを次に示します。

  • 組織について将来の業績を視覚化する。

  • データ分析の助けを借りて生データの探索と操作を行う。

  • チャンスから実現できる結果を予測する。

  • 予測指標の精度を高めて効果的なビジネス イベントを作成する。

過去と現在の統計をシンプルに集計して、その結果を データ ビジュアル化ツール で簡単に表示し、データに関する独自の解釈を作成する場合は、ビジネス分析ではなく ビジネス インテリジェンス ツール を採用することで、チームに必要な適切な情報を確実に手に入れることができます。

ビジネス分析は、ビジネス インテリジェンス ソフトウェアからも取得できる生データからコンテキストを導き出す高度な方法であり、発生する可能性が高い出来事やその結果をユーザーに提示し、将来の目的値を設定します。ビジネス分析について一連のベスト プラクティスを確立することで、これらの目標を設定し、ビジネスの効果的な業務を実現します。

ビジネス分析のベスト プラクティスについて戦略を立てる

ベスト プラクティスを決定して実践に移行すると、作成した効果的なビジネス分析戦略が威力を発揮します。より適切な意思決定を下す際に役立つ情報を、こちらにまとめました。以下に示す、ベスト プラクティスの構築に役立つ 4 つのステップをご覧ください。

  1. 特化したビジネス目標をすべて定義する。

  2. 成功がビジネスにもたらす意味をベンチマークして、同時に改善のチャンスを特定する。

  3. 成功と失敗の基準に使用する、不可欠なモデルを検証する。

  4. 基礎データの選択手法について決定し、正確な予測を作成する際に求められる外部要因と内部要因を把握する。

ビジネス分析ツールが搭載する機能を確認する

Microsoft Power BI で隠れた方向性やソリューションを明らかにし、組織を確実に前進させましょう。Microsoft Power BI などの包括的なビジネス分析ツールを導入すると、組織の未来に過去と現在のデータを効果的に活用する方法を発見し、売上増加、詳細把握、カスタマー エクスペリエンスの改善、組織の成功に役立つガイダンスを利用できます。

Microsoft Power BI にはビジネスを今すぐ前進させる準備が整っているため、ビジネスに必要なデータの収集と整理を、革新的かつ戦略的、そして節約につながる方法で確実に実施できます。