Common Data Service for Analytics の新しい機能が Power BI に登場

Power BI の Common Data Service for Analytics の機能を使用して、ビジネス アプリ全体にわたるデータで、チームに常識にとらわれないインサイトを与え、セルフサービスの分析を可能にします。

詳細情報 
ビジネス アプリケーションの仮想イベントを表示 

ビジネスからインテリジェンスを開放

ビジネス アプリケーションにわたるデータと共通のデータ モデル上のスキーマを結合して、より豊かな分析を取得します。機械学習および高度な分析への簡素化されたアクセスを使用して、より深いインテリジェンスを探し出します。高度なモデリングは必要ありません。また、職場おけるユーザーのインサイトへのアクセスをサポートすることで原動力となります。

Power BI の Common Data Service for Analytics の機能のプレビューは 2018 年の第 2 四半期に利用可能になります。最新の更新プログラムにサインアップします。

サインアップ 

データの壁を取り除く

共通のデータ モデル上の標準化されたスキーマを使用して、異なるソースのビジネス アプリ データを統合し、分析を促進できます。

インサイトの加速

CDS for Analytics の機能を使用した Power BI 上のアプリでは、独自のビジネスのニーズに合わせて拡張できる、常識にとらわれないインサイトを提供できます。

カスタマイズおよび拡張

データ ウェアハウスのプロセスとビジネス分析を Power BI 内で統一し、追加のサービスや機能に向けて Azure に容易に拡張できます。

Power BI Insights アプリがまもなく利用可能

サインアップして可用性の通知を受け取る 

既存の Power BI アプリを拡張または新たに構築

Microsoft ビジネス アプリケーション プラットフォームを使用して、 ビジネスにあわせたカスタム ソリューションを作成します。

詳細情報 

時間、複雑さ、コストを削減

分断されたビジネス アプリケーション内のデータからインテリジェンスを抽出するのは、コストと難しさにおいて課題となる場合があります。Power BI の CDS for Analytics の機能には、共通のデータ モデル、Microsoft とサードパーティのデータ ソースのコネクタで拡張可能なビジネス アプリケーション スキーマが含まれています。CDS for Analytics の機能を活用する Power BI アプリは、容易にカスタマイズおよび拡張できる、常識にとらわれないインサイトを提供します。また CDS for Analytics は Power BI の一部であるため、全データを使用してセルフサービス ビジネス分析を促進することもできます。

Power BI は、取り込みやデータ ウェアハウスから分析や視覚化に至るまで、組織全体がインサイトにアクセスしてより迅速に決断を下せるようにする単一のプラットフォームです。

Power BI の使用は初めてですか?

数百ものデータ ソースに接続し、数分で視覚化およびダッシュボードのを作成