ノート PC とタブレット PC を見ている人

データ分析ツールがもたらす 5 つの重要なメリット

データ分析ツールを使用すると、的が絞られた、簡単に理解できる重要なメトリックの視覚表現に未構造化データを変換でき、プロジェクトのコラボレーターはそれを利用して対処できるようになります。

専門的なバックグラウンドを持たないビジネス プロフェッショナルであっても、データ サイエンティストであっても、これらのツールを使用すると、チームと連携してデータをすばやく分析情報に変換し、より良い決定を下すことができるようになります。これらのツールがもたらすメリットは、主に 5 つの形態を取り、データ管理、ビジュアル化、AI を活用した分析、ビジネス インテリジェンスの共有、ガバナンスに関与します。

1. ツールでデータを準備する

分析は、常にデータを収集し、調査と解釈の準備をすることから始まります。多くの組織は、データの分析を開始する前に、アナリストがデータを手動で組み合わせてパッケージ化する作業に依存しています。ただし、あらゆる関連データを含めるように十分に注意した場合でも、手動のプロセスでは重要な情報が不足したり、間違ったデータを誤って含めてしまうリスクがあります。

連携したデータでより優れた成果を挙げる

データ分析ソフトウェアを使用すると、データが複数の場所からもたらされる場合であっても、セルフサービス データとエンタープライズ データを 1 つのビューに集約できます。選択したツールが、Excel クエリや データ モデリング を含む、すべてのデータ ソースをまとめる機能を搭載していることを確認しましょう。

必要なデータすべてを 1 か所にまとめたら、包括的なデータ分析ツールによって効率的にデータをクレンジングして、データが完全、正確、最新で、正しく書式設定されおり、重複している情報や無関係な情報が含まれていないことを確認します。それによって、アナリストの作業時間を大幅に節約できます。

ビッグ データから意味を引き出す

今日、会社が蓄積している膨大な量の多様なデータ、そして毎日データが生成される速度により、迅速で明確な分析が必要とされています。拡大縮小できるように設計されたデータ分析ツールは、従来のデータベースでは処理できない方法でビッグ データを処理できます。

複数のソースから常にもたらされる情報を含める必要がある場合の大量のデータ セットの分析も困難になることがあります。データ分析ツールは、現在の市場動向や顧客セグメントの好みなど、広範なトピックに関する大量のデータを解釈するのに役立ちます。

2. データを鮮明なストーリーテリングに変換する

ビジュアル化は、複合データを有用なビジネス情報に変換できるため、データ分析ツールの機能の基盤となっています。データのビジュアル化は、データを統一して説得力のあるストーリーに変換し、ビジネスのパフォーマンスをより深く理解できるようにします。また、組織にとって最適な行動方針について人々を説得するための強力な支援ツールとしても機能します。

意思決定を強化する

目を引く視覚ディスプレイでデータを活性化することで、同僚全員が複雑な情報を理解し、重要な分析情報を発見して、より良い決定を下すことがより簡単にできるようになります。 データのビジュアル化 のツールにより、次のことが可能になります。

  • 事前に作成されたテンプレートを使用して視覚表現を作成します。
  • 画像、テキスト、色、印象的なデザイン要素を追加します。
  • チャート、グラフ、ピボット テーブル、要約ビューで分析を明確化します。
  • 気づきにくい傾向やパターンを明らかにします。

財務上の進捗状況を追跡する

また、ビジュアル化ツールは ダッシュボード にデータを統合することで、営業収益やマーケティングの業績などの領域に関する主要業績評価指標 (KPI) を示します。こうしたツールを使用すると、特定の部署や分析に対応したダッシュボードをカスタマイズ、更新して、戦略の効果に関する全体像を把握できます。

3. AI を使用してより詳細な分析情報を取得する

データ分析ソフトウェアを検討する際は、人工知能 (KM) と機械学習を組み込んだツールを探してください。これらはプロジェクトのコラボレーターや会社が過去のパフォーマンスについて理解し、その知識に基づいて将来を予測して、今後の計画を行うのに役立ちます。

お客様についてさらに深く理解する

個々の予測分析は、顧客についてさらに知り、高い効率と効果で顧客にリーチできるようにします。この強化された分析では AI と機械学習を使用して、複数のグループに分けられた顧客の行動や好みに関する過去のデータを分析することにより、企業が将来の市場需要を予想することを支援します。

一部のデータ分析ソフトウェアは、コーディングのトレーニングや経験を必要としない予測 AI 機能を提供することで、組織全体のより多くの人々がそれを使用できるようにします。これは、技術者以外のビジネス プロフェッショナルがデータの準備や貴重な顧客の分析情報を抽出することを支援します。また、テクニカル プロフェッショナルの作業をさらに迅速にすることで、さらなるメリットをもたらします。

高度な AI からのメリット

高度な統計分析の使用は、高度なデータ モデルを作成し、より良いビジュアルを構築して、データからより多くのことを学び、計画を強化する手段をデータ サイエンティストや機械学習エンジニアにもたらします。この種の AI 機能は、R オープン ソース プログラミング言語によってサポートされています。

4. ビジネス インテリジェンスを共有する

データ ビジュアルから分析情報を取得した後、レポート ソフトウェアは組織の内外の人々と ビジネス インテリジェンス を共有できるようにします。

データ分析ツールキットの一部であるレポート ソフトウェアを使用すると、結果の効率的な公開、ビジュアルの埋め込み、レポートを表示する必要がある人々へのアクセス許可の割り当てを行うことができます。また、レポートの配布を簡素化し、バージョン管理を維持して、オフライン コピーを回避します。

カスタム レポートを作成および配布する

ビジネスに合わせてカスタマイズされた形式およびレイアウトのテーマを使用して、独自のレポートを作成できます。また、レポート ソフトウェアを使用すると、テーブル形式で作成され、ページ分割された静的なレポートや対話型レポートなど、通信に最適な方法でレポートを公開できます。さらに、モバイル デバイスで簡単にレポートを開き、読むことができるようにレポートを最適化することもできます。

特定の種類のレポートの配信頻度 (毎週や月 1 回など) も指定できます。また、特定の質問に回答するアドホックのセルフサービス レポートを、人々が必要としているときに提供することもできます。レポート ソフトウェアの大規模なメリットは、アナリストが作成したレポートを会社全体の多数の受信者リストに配布できることです。

5. データを保護する

複数のソースからの大量のデータを関連付けて、後でビジネス インテリジェンスを公開することを検討する場合は、セキュリティに関する懸念が生じることがあります。顧客のデータを保護する機能に加えて、転送中に機密データをプライベートに保つ暗号化キーを備えたデータ分析ツールを探してください。

保護機能が組み込まれたデータ分析ツールは、データを脅威にさらす、リスクのある活動を阻止することでメリットを提供します。レポートを共有する場合、これらのツールは別のワークスペースへの公開を通じてワークスペース レベルのセキュリティを提供できます。また、行レベルでデータ アクセスを制限することで行レベルのセキュリティを有効にし、必要に応じてより広範なアクセス制御を設定できるようにします。

バックグラウンドで機能するガバナンス機能を使用してデータを分析するためのツールを選択してください。また、ツールが IL6、FedRamp、HIPAA、FINRA などの業界の標準、規制、認定への準拠を容易にするものであることを確認してください。

データ分析ツールのメリットを確認する

Microsoft Power BI を確認し、無料で利用を開始することで、データ分析ツールが貴社の役に立つあらゆる方法についてご覧ください。