Power BI 向けカスタム ビジュアルの作成

完全にカスタマイズ可能な、オープンソースのデータ視覚化を活用すると、データを自由に視覚化することができます。D3 や jQuery などの有名な JavaScript ライブラリや R 言語スクリプトにも基づいたカスタム ビジュアル SDK を使用して、魅力的な視覚化を作成できます。カスタム ビジュアルのテストやデバッグは作成しながら行うことができ、すべての Power BI 製品を通じて再配布できるパッケージングも可能です。作成したカスタム ビジュアルは組織内で共有したり、クライアントに配布したりできます。さらに、AppSource を通じて世界と共有することもできます。

Power BI のカスタム ビジュアルの概要

1. 開発者ツールを使ってカスタム ビジュアルを作成する

カスタム ビジュアル SDK を使用して Power BI のカスタム ビジュアルを作成します。この SDK は、NodeJS に基づいたオープンソースのコマンドライン ツールで、GitHub から入手できます。

詳細情報 

2. カスタム ビジュアルのテスト、デバッグ、パッケージ

カスタム ビジュアルのテストやデバッグの方法を習得して、Power BI Desktop での利用開始や AppSource を通じた配布に備えます。

詳細情報 

3. カスタム ビジュアルの Microsoft 認定を取得する

カスタム ビジュアルの認定を取得すると、PowerPoint へのエクスポートや E メール表示など、さまざまなことができるようになります。

詳細情報 

4. カスタム ビジュアルを AppSource で共有する

AppSource にカスタム ビジュアルを公開して数百万人のユーザーにリーチすることで、作品を世界と共有できます。

詳細情報 

代替テキスト

カスタム ビジュアルのパートナーになる

カスタム ビジュアルを習得すると、専門知識を活かした実装やトレーニングなどのサービスを当社の AppSource パートナー プログラムを通じて提供することができます。


カスタム ビジュアルのツールとリソース