独自のアプリケーションに分析を埋め込む

アプリケーション開発者は Power BI Embedded を使用してビジュアル分析を製品に埋め込めるようになるため、ユーザーや顧客は価値のある分析情報を得たり、お客様がアプリを市場投入する期間も短縮したりできます。アプリケーションやポータルに Power BI を埋め込むには、アプリから Power BI のダッシュボード、レポート、視覚エフェクトに安全にアクセスできるように、マスター ユーザーの Power BI Pro アカウントまたはサービス プリンシパルが必要です。ビジュアル分析を使用した豊富な対話型レポートを作成して、Power BI Desktop での埋め込みに使用できます。また、利用を開始する際に役立つワークショップや Power BI のエキスパートを AppSource で検索することもできます。社内ユーザー向けに Power BI を埋め込むには、「embedding solution for Power BI users in organizations」(組織向け Power BI 埋め込みソリューション) を参照してください。

機能を参照 

Power BI Embedded の使用を開始する

1. 分析環境のセットアップ

埋め込みの環境をセットアップするには、Azure Active Directory (Azure AD) テナントとマスター ユーザーの Power BI Pro アカウント (またはサービス プリンシパル) が必要です。マスター ユーザー オプションを使用してテスト環境を作成する場合は、通常の Power BI Pro アカウントを使用するか、60 日間の無料試用版にサインアップします。

詳細情報  はじめに 

2. 分析の埋め込み

Power BI のダッシュボード、レポート、タイルを Power BI REST API と JavaScript API を使用してアプリケーションに埋め込みます。

詳細情報 

3. 運用環境に発行

運用環境でアプリケーションを登録し、ニーズに合った容量を購入します。

詳細情報 

コンピューターで作業中の男性

AppSource でソリューションを販売

AppSource は、数十億人の顧客に知られた信頼あるブランドのバックアップを得ながら、アプリ、コンテンツ パック、アドインなどお客様のあらゆる製品を販売できる、市場投入のプレミア ターゲットです。アプリを Dynamics、Office、Power BI、Azure などのブランドと共に表示することができます。


埋め込みに使用するツール

REST API

RESTful API を使用してプログラムから Power BI リソースにアクセスします。

.NET SDK

.NET クライアント ライブラリを使用すると、Microsoft Power BI パブリック REST エンドポイントに簡単にアクセスできます。

JavaScript API

Microsoft の JavaScript Web コンポーネント群を使用して、お客様のアプリと Power BI を統合します。


リソースの埋め込み



Azure

ワークフローの自動化で世界をリードする Nintex も Power BI Embedded を活用


MICROSOFT PBI (YouTube)

Power BI Embedded とは?


公開済みデータ

Power BI Embedded のセットアップと概要