既定では、Power BI へのサインアップに使用するメール アドレスを使用して、Power BI のアクティビティに関する更新情報をユーザーに送信します。 たとえば、他のユーザーから送信される共有の招待は、このアドレスに配信されます。

最初に Power BI にサインアップしたときに使用したメール アドレスとは別の代替メール アドレスに、これらのメールを配信させることができます。

Office 365 の個人情報ページからの更新

  1. Office 365 の個人情報ページに移動します。 プロンプトが表示されたら、Power BI で使用しているメール アドレスとパスワードを使ってサインインします。

  2. [連絡先の詳細] セクションにある [編集] リンクをクリックします。

    メモ:

    [編集] リンクが表示されない場合、お使いのメール アドレスは Office 365 管理者によって管理されているため、管理者に連絡を取ってメール アドレスを更新する必要があります。

  3. [代替メール] フィールドに、Power BI の更新情報の宛先メール アドレスを入力します。

メモ:

この設定を変更しても、サービスの更新情報、ニュースレター、およびその他のプロモーション用通信の送信に使用されるメール アドレスは変わりません。 これらのメールは常に、最初に Power BI に登録したときに使用したメール アドレスに送信されます。

PowerShell での更新

もう 1 つの方法として、Azure Active Directory の PowerShell を使って代替メール アドレスを更新することもできます。 それには Set-AzureADUser コマンドを使います。

Set-AzureADUser -ObjectId john@contoso.com -OtherMails "otheremail@somedomain.com"

詳しくは、「Azure Active Directory PowerShell Version 2」(Azure Active Directory PowerShell バージョン 2) をご覧ください。

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください