この数十年の間に、企業は、市場機会から利益を得るにはデータ資産を戦略的に活用する必要があることをますます認識しています。 競合分析を実行するか、経営パターンを理解することで、多くの組織は、競争で優位に立つ手段としてデータ戦略を持つことのメリットを理解するようになりました。

このホワイト ペーパーでは、企業がさらに深くデータに精通しようと努力するときに、Power BI に関連する投資収益率を高めるためのフレームワークについて説明します。

ビジネス インテリジェンスの専門家が通常定義しているデータに精通した企業とは、事実情報を使用して意思決定を行うことから恩恵を受けている企業のことです。 ある種の組織を “データ文化” があると表現することもあります。 組織レベルでも部門レベルでも、データ文化は、企業の適応して成長する能力を確実に変化させることができます。 データの洞察は、常に企業全体に及ぶ広い範囲を対象にする必要があるわけではありません。日々の業務を変える可能性がある小規模な洞察でも、変化をもたらすことができます。

これらの企業では、ビジネス プロセスをどのように定義するかは、ファクトとファクト分析によって推進する必要があることを理解しています。 チーム メンバーは、データを探索し、パターンを識別し、発見したことを互いに共有しようとします。

このアプローチは、分析がビジネス ファクターの外で行われるか中で行われるか関係なく、有用である可能性があります。 重要なのは、何といっても観点であり、プロセスではありません。

Power BI エコシステム内での管理の概念、オプション、および提案については、「Power BI Governance and Deployment Approaches (Power BI の管理と展開のアプローチ)」をお読みください。