Power BI Pro では、無償版では利用できない機能にアクセスできます。 たとえば、SQL Server などのデータ ソースに対するオンプレミスでのデータ更新のためのオンプレミス データ ゲートウェイのほか、Groups やその他の機能を使用できます。 詳細については、「Power BI Pro コンテンツとは」を参照してください。

Power BI Pro は、Power BI Web サイトや Office 365 管理センターで直接購入するか、Microsoft の担当者またはパートナーを通して購入できます。 この記事では、Power BI Pro で使用可能な 2 種類の試用オプションと、個人または組織として Power BI Pro を購入する方法を紹介します。

料金

Power BI Pro の最新の料金および含まれる機能の一覧表については、Power BI の料金のページを参照してください。

Power BI Pro の 60 日間試用版

無料アカウントにサインアップした後、Pro 版を無料で試用することができます。 試用期間中は Pro 版のすべての機能にアクセスできます。 Power BI Pro は、無料版 Power BI のすべての機能を備えているだけでなく、新たなコラボレーション機能やデータ更新機能も備えています。 また、データ容量もデータのストリーミング制限も拡大されています。 詳細については、「Power BI Pro コンテンツとは」を参照してください。 60 日間無料試用版の Power BI Pro を試用するには、Power BI にサインインし、Power BI Pro 機能の 1 つを試してみてください。

これらの機能を試そうとすると、無料試用版を開始するように求められます。 また、歯車アイコンをクリックして [パーソナル ストレージの管理] を選択することによっても使用できます。 その後、右側にある [Pro を無料でお試しいただけます] を選択します。

その後、[無料体験する] を選択します。

  • Power BI を評価するための時間の延長を希望する場合は、60 日の試用期間の延長を要求できます。
  • この製品内 Power BI Pro 試用版を利用するユーザーは、Office 365 の管理ポータルでは Power BI Pro 試用版ユーザーとして表示されません (Power BI 無料版ユーザーとして表示されます)。 ただし、Power BI の 記憶域の管理 ページでは Power BI Pro 試用版ユーザーとして表示されます。
  • 組織内の各ユーザーに試用期間を個別に設定するのではなく、複数のユーザー向けに Power BI 試用版ライセンスを取得し導入することをお考えの IT 管理者の皆さまは、Power BI Pro サブスクリプション試用版にサインアップしてください。 管理者向け試用版にサインアップするためには、Office 365 グローバル管理者または課金管理者であるか、あるいは新しいテナントを作成する必要があります。 詳細情報

サービス内での表示例

サービス内で Pro 版の試用アカウントがあることを確認するには、歯車*アイコンをクリックして **[パーソナル ストレージの管理] を選択します。

個人として Power BI Pro を購入する

Power BI Pro をゼロから購入するか、無料の試用期間が終了した後で Pro 版へのアップグレードを選択することができます。 アカウントが組織の一部であり、組織が個人の購入を無効化していない場合は、個人として Power BI Pro を購入できます。

Power BI Pro を個人として購入するには、次の操作を行うことができます。

  1. powerbi.com を参照します。

  2. [製品] > [料金] を選択します。

  3. [Purchase] (購入) を選択します。

  4. 購入をガイドするために表示される質問に答えます。 個人の場合、[Myself] (自分自身) を選択するオプションがあります。

    メモ:

    チームまたは組織用に購入することに興味のある場合は、組織用に Power BI Pro を購入する方法を参照できます。 詳細情報

  5. Power BI にサインインしていない場合は、Power BI (無料) アカウントを使用してサインインする必要があります。

  6. 購入を行うための情報を提供する必要があります。

サービス内での表示例

サービス内で Pro 版のアカウントがあることを確認するには、歯車アイコンをクリックして [パーソナル ストレージの管理] を選択します。

Office 365 でのサブスクリプション試用版

Power BI Pro を組織用の試用版として取得できます。 サブスクリプションを取得した後、Power BI Pro のライセンスをユーザーに割り当てることができます。 詳細情報

メモ:

組織用の試用版は、テナントあたり 1 つしか使用できません。 これは、Power BI Pro の試用版を誰かがすでにテナントに適用している場合、もう一度適用することはできないことを意味します。 この制限についてサポートが必要な場合は、Office 365 の課金サポートにお問い合わせください。

  1. Office 365 管理センターに移動します。
  2. 左側のナビゲーション ウィンドウで、[課金] > [サブスクリプション] を選択します。
  3. 右側にある [サブスクリプションの追加] を選択します。
  4. [その他のプラン] で、[Power BI (無料)] の欄にある省略記号 (...) にマウスを合わせ、[無料試用を開始] を選択します。

  5. 注文確認画面で [今すぐ試す] を選択します。

  6. 注文完了画面で [続行] を選択します。

[課金] > [サブスクリプション] に、[Power BI Pro 試用版] が使用可能な 25 ライセンスと共に表示されます。 これは、1 か月の試用版です。

サービス内での表示例

サービス内で Pro 版のアカウントがあることを確認するには、歯車アイコンをクリックして [パーソナル ストレージの管理] を選択します。 試用版のユーザーであることは示されません。

Office 365 でサブスクリプションを購入する

Office 365 管理センターを通じて、組織用に Power BI Pro を購入することができます。 サブスクリプションを取得した後、Power BI Pro のライセンスをユーザーに割り当てることができます。 詳細情報

  1. Office 365 管理センターに移動します。
  2. 左側のナビゲーション ウィンドウで、[課金] > [サブスクリプション] を選択します。
  3. 右側にある [サブスクリプションの追加] を選択します。
  4. [その他のプラン] で、[Power BI Pro] の欄にある省略記号 (...) にマウスを合わせ、[今すぐ購入] を選択します。

  5. 追加するライセンスの数を入力し、[今すぐチェックアウト] または [カートに追加] を選択します。

    メモ:

    必要に応じて後日さらに追加できます。

  6. チェックアウト フローに必要な情報を入力します。

メモ:

Power BI Pro の試用版が既に存在する場合は、必要なライセンスの数を入力するよう求めるチェックアウト画面に直接移動します。

[課金] > [サブスクリプション] に、[Power BI Pro] が表示されます。 後でライセンスの追加を決定した場合、[サブスクリプションの追加] に戻り、[Change license quantity] (ライセンス数の変更) を選択できます。

サービス内での表示例

サービス内で Pro 版のアカウントがあることを確認するには、歯車アイコンをクリックして [パーソナル ストレージの管理] を選択します。

参照

Power BI のセルフサービス サインアップ
組織内の Power BI (無料)
他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください