Azure SQL Database に直接接続し、ライブ データを使用するレポートを作成する方法について説明します。 Power BI ではなくソースにデータを保持できます。

DirectQuery を使用すると、レポート ビューでデータを調べる際にクエリが Azure SQL Database に送り返されます。 この操作は、接続先のデータベースとエンティティに精通しているユーザーにお勧めします。

注:

  • 接続するときに、完全修飾のサーバー名を指定します (詳細については後述します)。

  • データベースのファイアウォール ルールが「Azure サービスに対するアクセスを許可」するように構成されていることを確認してください。

  • 列の選択、フィルターの追加など、どの操作によってもクエリがデータベースに送り返されます。

  • タイルは、約 15 分ごとに更新されます (更新をスケジュール設定する必要はありません)。 この動作は、接続するときに [詳細] 設定で調整できます。

  • DirectQuery データセットの Q&A は使用できません。

  • スキーマ変更は自動選択されません。

これらの制限および注意事項については、エクスペリエンスの向上に伴い変更される可能性があります。 接続するための手順の詳細を以下に示します。

Power BI Desktop と DirectQuery

DirectQuery を使用して Azure SQL Database に接続するには、Power BI Desktop を使用する必要があります。 この方法はさらに柔軟性と機能が向上します。 Power BI Desktop を使用して作成したレポートを、Power BI サービスに発行できます。 Power BI Desktop で DirectQuery を使用して Azure SQL Database に接続する方法の詳細については、「Power BI Desktop の DirectQuery」をご覧ください。

Power BI 経由で接続する

現在は、Power BI サービスから直接 Azure SQL Database に接続することはできません。 Azure SQL Database コネクタを選択すると、Power BI Desktop 内で接続するように求められます。 接続した後は、Power BI Desktop レポートを Power BI サービスに公開できます。

パラメーターの値の見つけ方

完全修飾サーバー名とデータベース名は、Azure ポータルに記されています。

参照

Power BI Desktop で DirectQuery を使用する
Power BI の概要
Power BI のデータの取得
他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください