Azure のセキュリティ データを Power BI に接続して、Azure のワークロードのセキュリティに関する洞察を得ます。 Power BI によって Azure セキュリティ センターのデータの一番上に自動的にダッシュボードとレポートが作成され、データを分析および探索できます。

Power BI 用 Azure Security Center コンテンツ パックに接続します。

接続する方法

  1. 左側のナビゲーション ウィンドウの下部にある [データの取得] を選択します。

  2. [サービス] ボックスで、 [取得]を選択します。

  3. [Azure Security Center] > [取得] を選択します。

  4. サブスクリプション ID を指定します。 これらのパラメーターの見つけ方について詳しくは、後述します。

  5. [認証方法] として[oAuth2] を選択し、[サイン イン] をクリックします。 ダイアログが表示されたら、Azure の資格情報を入力します。

  6. 承諾後、インポート処理が自動的に開始されます。 完了すると、ナビゲーション ウィンドウに、新しいダッシュ ボード、レポート、モデルが表示されます。 インポートされたデータを表示するダッシュボードを選択します。

実行できる操作

  • ダッシュボード上部にある Q&A ボックスで質問してみてください。

  • ダッシュボードでタイルを変更できます。

  • タイルを選択して基になるレポートを開くことができます。

  • データセットは毎日更新されるようにスケジュール設定されますが、更新のスケジュールは変更でき、また [今すぐ更新] を使えばいつでも必要なときに更新できます。

含まれるもの

コンテンツ パックには、リソースのセキュリティの統計、アラート分析、および防止分析に関する情報が含まれます。

システム要件

このコンテンツ パックでは、Azure セキュリティ センターが有効になっているサブスクリプション ID へのアクセスする必要があります。 詳細については、Azure Portal の Azure Security Center を参照してください。

また、コンテンツ パックのユーザーは、(個人アカウントではなく) 組織のアカウントで接続する必要があります。

パラメーターの見つけ方

サブスクリプション ID を確認するには、2 つの簡単な方法があります。

  1. https://portal.azure.com から > [参照] -> [サブスクリプション] -> [サブスクリプション ID]
  2. https://manage.windowsazure.com から -> [設定] -> [サブスクリプション ID]

サブスクリプション ID は数字や文字の長いセットで、上記の手順 #4 の例のようになります。

トラブルシューティング

アカウントのサイズによっては、データの読み込みに時間がかかる場合があります。 ログイン中にエラーが発生した場合は、パラメーターと、アカウントで Azure セキュリティ センターが有効になっていることを確認してください。

コンテンツ パックは読み込まれるものの、データが表示されない場合は、組織のアカウントで接続していることを確認してください。 個人アカウントは Azure Security Center でサポートされていますが、ユーザーが組織以外のアカウントで接続した場合、API (およびコンテンツ パック) で予期した値が返されません。 組織のアカウントにアクセスできるようにして、もう一度接続を試してください。

参照

Power BI の概要

Power BI でデータを取得する