Microsoft Dynamics AX には、異なるビジネス ユーザーを対象とした 3 つの Power BI コンテンツ パックがあります。 CFO 専用に設計された財務実績コンテンツ パックは、組織の財務業績に関する洞察を提供します。 リテール チャネル実績コンテンツ パックは、販売実績に注目するチャネル マネージャーを対象にしており、小売および取引データから直接描画することで、傾向を予測して洞察を導き出します。 コスト管理は、COO と CFO 向けに設計されており、経営実績の詳細を提供します。

Power BI 用 Microsoft Dynamics AX のリテール チャネル実績コンテンツ パック財務実績コンテンツ パック、またはコスト管理コンテンツ パックに接続します。

接続する方法

  1. 左側のナビゲーション ウィンドウの下部にある [データの取得] を選択します。

  2. [サービス] ボックスで、 [取得]を選択します。

  3. Dynamics AX コンテンツ パックのいずれかを選択して、[取得]を選択します。

  4. Dynamics AX 7 環境の URL を指定します。 これらのパラメーターの見つけ方について詳しくは、後述します。

  5. [認証方法] として[oAuth2] を選択し、[サイン イン] をクリックします。 メッセージが表示されたら、Dynamics AX の資格情報を入力します。

  6. 承諾後、インポート処理が自動的に開始されます。 完了すると、ナビゲーション ウィンドウに、新しいダッシュ ボード、レポート、モデルが表示されます。 インポートされたデータを表示するダッシュボードを選択します。

実行できる操作

  • ダッシュボード上部にある Q&A ボックスで質問してみてください。

  • ダッシュボードでタイルを変更できます。

  • タイルを選択して基になるレポートを開くことができます。

  • データセットは毎日更新されるようにスケジュール設定されますが、更新のスケジュールは変更でき、また [今すぐ更新] を使えばいつでも必要なときに更新できます。

含まれるもの

コンテンツ パックは Dynamics AX 7 OData フィードを使用し、それぞれリテール チャネル、財務実績、およびコスト管理に関連するデータをインポートします。

システム要件

このコンテンツ パックでは Dynamics AX 7 環境の URL が必要であり、ユーザーは OData フィードにアクセスする必要があります。

パラメーターの見つけ方

Dynamics AX 7 環境の URL は、ユーザーがサインインするときにブラウザーで確認できます。 Dynamics AX ルート環境の URL を Power BI ダイアログにコピーするだけです。

トラブルシューティング

インスタンスのサイズによっては、データの読み込みに時間がかかる場合があります。 Power BI 内で空のレポートが表示されている場合は、レポートで必要な OData テーブルへのアクセス権があることを確認してください。

参照

Power BI の概要

Power BI でデータを取得する