Power BI および Microsoft Dynamics NAV コンテンツ パックを使用すると、Microsoft Dynamics NAV データの洞察を簡単に取得することができます。 Power BI は、売上と財務の両方のデータを取得してから、そのデータに基づいてすぐに使えるダッシュボードおよびレポートを作成します。

Power BI 用 Microsoft Dynamics NAV に接続するか、Power BI と Dynamics NAV との統合について詳細をお読みください。

注: このコンテンツ パックを使うには、データの取得元のテーブル (この例では、売上と財務のデータ) に対するアクセス許可が必要です。 要件の詳細については、このあと説明します。

接続する方法

  1. 左側のナビゲーション ウィンドウの下部にある [データの取得] を選択します。

  2. [サービス] ボックスで、 [取得]を選択します。

  3. [Microsoft Dynamics NAV] を選択し、[取得] を選択します。

  4. メッセージが表示されたら、Microsoft Dynamics NAV の OData URL を入力します。 URL は、次のパターンに一致する必要があります。

    https//instance.navserver.com:7048/DynamicsNAV90_Instance1/OData/Company('CRONUS%20International%20Ltd.')
    
    • "instance.navserver.com" は実際の NAV Server 名にします
    • "DynamicsNAV90_Instance1" は実際の NAV Server Instance 名にします
    • “Company('CRONUS%20International%20Ltd.')” は実際の NAV Company 名にします

    この URL を取得する簡単な方法は、Dynamics NAV で Web サービスに移動し、powerbifinance Web サービスを検索し、OData URL をコピーすることです。ただし、URL 文字列から "/powerbifinance" を除きます。

  5. [基本] を選択し、Microsoft Dynamics NAV の資格情報を入力します。

    注:
    使用する Microsoft Dynamics NAV アカウントには、管理者の資格情報 (または、少なくとも売上と財務のデータに対するアクセス許可) が必要です。 現在、基本 (ユーザー名とパスワード) 認証のみがサポートされています。

  6. Power BI は、Microsoft Dynamics NAV データを取得して、すぐに使用できるダッシュボードとレポートを作成します。

実行できる操作

  • ダッシュボード上部にある Q&A ボックスで質問してみてください。

  • ダッシュボードでタイルを変更できます。

  • タイルを選択して基になるレポートを開くことができます。

  • データセットは毎日更新されるようにスケジュール設定されますが、更新のスケジュールは変更でき、また [今すぐ更新] を使えばいつでも必要なときに更新できます。

含まれるもの

コンテンツ パックには、次のテーブルのデータが含まれています (大文字/小文字は区別されます)。
- ItemSalesAndProfit
- ItemSalesByCustomer
- powerbifinance
- SalesDashboard
- SalesOpportunities
- SalesOrdersBySalesPerson
- TopCustomerOverview

システム要件

Microsoft Dynamics NAV データを Power BI にインポートするには、(上記の) 売上データと財務データの取得元であるテーブルへのアクセス許可が必要です。 これらのテーブルにはデータが存在する必要があります。現在、テーブルが空だとインポート操作が失敗します。

トラブルシューティング

Power BI Microsoft Dynamics NAV コンテンツ パックでは、Microsoft Dynamics NAV の Web サービスを使用してデータを取得します。 Microsoft Dynamics NAV インスタンスに大量のデータがある場合、Web サービスの使用量への影響を最小にするために、必要に応じて更新頻度を変更することをご提案します。 もう 1 つの提案は、すべての管理者が独自のコンテンツ パックを作成するのではなく、1 人の管理者がコンテンツ パックを作成してそれを共有することです。

"パラメーターの検証でエラーが発生しました。すべてのパラメーターが有効であることを確認してください。"
Microsoft Dynamics NAV URL を入力した後にこのエラーが表示された場合は、 次の要件を満たしていることを確認します。

  • URL は次のパターンに正確に従います。

    https//instance.navserver.com:7048/DynamicsNAV90_Instance1/OData/Company('CRONUS%20International%20Ltd.')
    
    • "instance.navserver.com" は実際の NAV Server 名にします
    • "DynamicsNAV90_Instance1" は実際の NAV Server Instance 名にします
    • “Company('CRONUS%20International%20Ltd.')” は実際の NAV Company 名にします
  • すべての文字が小文字であることを確認してください。

  • URL が 'https' であることを確認してください。

  • URL の末尾にスラッシュ (/) がないことを確認してください。

"Login failed" (ログインに失敗しました)
Microsoft Dynamics NAV の資格情報を使用してログインした後、"login failed" (ログインに失敗しました) というエラーが発生する場合は、次のいずれかの問題が発生している可能性があります。

  • 使用しているアカウントに、アカウントから Microsoft Dynamics NAV データを取得するアクセス許可がありません。 管理者アカウントであることを確認してからやり直してください。

  • 接続しようとしている Dynamics NAV インスタンスに、有効な SSL 証明書がありません。 この場合は、さらに詳細なエラー メッセージが表示されます (「SSL の信頼関係を確立できません」)。 自己署名証明書はサポートされていないことに注意してください。

"申し訳ございません"
認証ダイアログ ボックスを通過した後で "申し訳ございません" というエラー ダイアログが表示される場合は、コンテンツ パックのデータの読み込み中に問題が発生しています。

  • URL が上記のパターンに従っていることを確認します。 よくある間違いは

    https//instance.navserver.com:7048/DynamicsNAV90\_Instance1/OData

    と指定した場合で、NAV 会社名を含む「Company('CRONUS%20International%20Ltd.')」セクションを含める必要があります。

    https//instance.navserver.com:7048/DynamicsNAV90\_Instance1/OData/Company('CRONUS%20International%20Ltd.')

参照

Power BI の概要

Power BI - 基本的な概念