ここまでで、カスタム ビジュアルのテンプレートをダウンロードし、コンピューターまたはその他の場所に保存することができました。 次の手順では、そのビジュアル テンプレートをレポートにインポートすることにより、[ビジュアル化] ウィンドウにオプションとして追加できるようにします。

カスタム ビジュアルのダウンロードとレポートへの追加に関する次のビデオをご覧ください。 その後、ビデオで説明されている手順に従って、ご自分でやってみてください。

重要: インポートしたカスタム ビジュアル テンプレートは、特定のレポートに追加されます。 ビジュアル テンプレートを別のレポートで使用する場合は、そのレポートにもインポートする必要があります。 カスタム ビジュアルを含むレポートを [名前を付けて保存] オプションを使って保存すると、カスタム ビジュアル テンプレートのコピーがその新しいレポートと共に保存されます。

  1. Power BI を開き、カスタムの視覚エフェクトを追加するレポートを選択します。

  2. レポートを編集ビューで開きます。

  3. [ビジュアル化] ウィンドウで省略記号 [...] をクリックします。

  4. [インポート] を選択し、ダウンロードしたカスタム ビジュアル (.pbiviz ファイル) を保存した場所に移動します。

  5. 重要: 警告を確認し、ビジュアルのソースが信頼できることを確認します。 Power BI ビジュアル ギャラリー、電子メール、他のソースから入手した特定のカスタム ビジュアルを使用してもよいかどうかわからない場合は、IT 部門に相談することをおすすめします。 「カスタム ビジュアルのセキュリティとプライバシーを確認する」をご覧ください。

  6. [開く]を選択します。 カスタム ビジュアル アイコン (*テンプレート*とも呼ばれます) が [視覚化] ウィンドウに追加されます。

    インポートしたカスタム ビジュアル テンプレートは、その特定のレポートの [ビジュアル化] ウィンドウに追加されます。 その結果、そのレポート内で選択して、使用できるようになります。 ビジュアルを別のレポートで使用する場合は、そのレポートの [ビジュアル化] ウィンドウにもインポートする必要があります。

    カスタム ビジュアルを含むレポートを [名前を付けて保存] オプションを使って保存すると、カスタム ビジュアル テンプレートのコピーがその新しいレポートと共に保存されます。

    カスタム ビジュアル テンプレートは、いったんインポートしたら、その特定のレポートの [ビジュアル化] ウィンドウから削除することができません。 カスタム ビジュアル テンプレートを使って作成したビジュアルがある場合、そのビジュアルは削除できます。しかし、カスタム ビジュアル テンプレートのアイコンは [ビジュアル化] ウィンドウに残ります。

  7. 編集ビューでカスタム ビジュアル アイコンを選択します。 レポート キャンバスに透かし (テンプレート) が追加されます。

  8. テンプレートにフィールドをドラッグして、ビジュアルを作成します。 必要に応じて、ダッシュボードに表示を固定します。 この例では、テーブル ヒートマップのカスタム ビジュアルを使用します。

  9. 引き続きこのビジュアルで Power BI での他の (ネイティブ) ビジュアルを調べます。

参照

YouTube の Microsoft カスタム ビジュアル プレイリスト

Power BI での視覚化

Power BI でのカスタム ビジュアル

Power BI カスタム ビジュアル ギャラリー

カスタム ビジュアルをレポートに追加する (Desktop)

カスタム ビジュアルのセキュリティとプライバシーを確認する

カスタム ビジュアル開発者ツール (プレビュー) の概要

ビデオ: Sachin Patney と Nico Cristache による Power BI 用カスタム ビジュアルの作成

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください