認定 とは

*認定済みカスタム ビジュアル*とは、一連のコードの要件を満たし、厳密なセキュリティ テストに合格したものです。 カスタム ビジュアルが認定されたら、PowerPoint にエクスポートすることができ、ユーザーがレポート ページをサブスクライブしたときに受け取るメールにそれが表示されます。

  • 独自の視覚エフェクトを作成してストアに追加することに興味がある Web 開発者の方は、 「開発者ツールの概要」および Office ストアで方法をご覧ください。

  • 定期的に使用する Office ストアのビジュアルがある場合は、 ビジュアルの開発者に、ビジュアルに Microsoft の認定を受けるよう依頼してください。 開発者の連絡先情報は、ビジュアルの詳細ページに [プロバイダー] として示されています。

認定要件

  • Office ストアが承認されていること
  • カスタム ビジュアルがバージョン管理された API 1.2 以降で記述されていること
  • レビュー用にコード リポジトリが使用可能なこと (たとえば、ビジュアル コードが GitHub を通じて利用できること)
  • 公開レビュー可能な OSS コンポーネントのみを使用すること
  • 外部のサービスまたはリソースにアクセスしないこと

ヒント: 送信する前に、EsLint と既定のセキュリティ ルールセットを使用して、コードを事前検証することをお勧めします。

認定のためにカスタム ビジュアルを送信するプロセス

認定のためにカスタム ビジュアルを送信するには、次の手順に従います。

  1. Power BI カスタム ビジュアルのサポート (pbicvsupport@microsoft.com) に電子メールを送信します。 電子メールには、次の情報を含めます。

    • 件名: ビジュアル認定の要求
    • ビジュアルのソース コードがホストされている GitHub リポジトリへのリンク
    • 要件 (上記参照) の遵守
    • コードとセキュリティ レビューの提出
  2. カスタム ビジュアルが認定され、認定リスト (下記) に追加された場合、または修正する必要がある問題のレポートで拒否された場合は、マイクロソフトのカスタム ビジュアル チームによって通知されます。 マイクロソフトとの連絡手段を維持し、必要に応じて認定済みのビジュアルを更新するのは、開発者の責任です。

Power BI の認定済みのカスタム ビジュアルの削除

マイクロソフトは独自の裁量で認定リストからビジュアルを削除できます。

認定されているカスタム ビジュアルの一覧

Office ストアのリンク 動画のリンク
関連付けルール
アスター プロット
箱ひげ図
箇条書きのグラフ ビデオ 1 ビデオ 2
Bullet Chart by OKViz (OKViz による箇条書きグラフ) ビデオ
OKViz の Card with States ビデオ 1 ビデオ 2
Chiclet slicer (Chiclet スライサー) ビデオ
MAQ Software による円形ゲージ
ダイヤル ゲージ ビデオ
MAQ Software によるドーナツ グラフ (リング グラフ) ビデオ
デュアル KPI ビデオ
Fly Wheel (フライ ホイール) - 近日公開予定
ガント ビデオ
ヒストグラム
KPI インジケーター
液体注入ゲージ - 近日公開予定 ビデオ
MAQ Software による線形ゲージ ビデオ
長いテキスト ビューアー - 近日公開予定
Play Axis (動的スライサー)
Power KPI ビデオ
パルス グラフ ビデオ
Radar chart (レーダー チャート)
Sankey グラフ ビデオ
スクローラー ビデオ
Smart Filter by OKViz (OKViz でのスマート フィルター) ビデオ
OKViz によるスパークライン ビデオ
Sunburst
回転速度計 ビデオ
テーブル ヒートマップ
タイムライン スライサー ビデオ
トルネード チャート ビデオ
Visio ビジュアル (プレビュー) ビデオ
ワッフル グラフ ビデオ
ワード クラウド ビデオ

次の手順

Office ストアからカスタム ビジュアルをダウンロードして使用する
カスタム ビジュアル開発者ツール (プレビュー) の概要
YouTube の Microsoft カスタム ビジュアル プレイリスト
Power BI での視覚化
Power BI でのカスタム ビジュアル
カスタム ビジュアルをレポートに追加する (Desktop)
カスタム ビジュアルを Office ストアに発行する
他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください