ここまでで、カスタム ビジュアルのテンプレートをダウンロードし、コンピューターまたはその他の場所に保存することができました。 次の手順では、そのビジュアル テンプレートをレポートにインポートすることにより、[ビジュアル化] ウィンドウにオプションとして追加できるようにします。

重要:

インポートしたカスタム ビジュアル テンプレートは、特定のレポートに追加されます。 ビジュアル テンプレートを別のレポートで使用する場合は、そのレポートにもインポートする必要があります。 カスタム ビジュアルを含むレポートを [名前を付けて保存] オプションを使って保存すると、カスタム ビジュアル テンプレートのコピーがその新しいレポートと共に保存されます。

  1. Power BI Desktop を開き、カスタム ビジュアルを追加するレポートを選択します。 レポートを編集ビューで開きます。

  2. カスタム ビジュアル テンプレートをインポートするには、 [ファイル] メニューから行う方法と [視覚化] ウィンドウから行う方法の 2 つの方法があります。

    Desktop の [ファイル] メニューから

    • レポートの [ファイル] メニューで、[インポート] > [Power BI カスタム ビジュアル] の順に選択します。 編集ビューを使用する必要があります。

    [視覚化] ウィンドウから - [視覚化] ウィンドウで、 [挿入 (...)]を選択します。
    - [カスタム ビジュアルのインポート] を選択します。

  3. 警告を確認します

    カスタム ビジュアルは、カスタム ビジュアルで使用するレポートのデータにアクセスでき、ユーザーの代わりに操作を実行できます。 レポートを他のユーザーと共有した場合、他のユーザーがレポートを表示すると、ビジュアルは同じことを行いますが、この場合は他のユーザーのために実行します。 カスタム ビジュアルを調べて信頼できるソースからのものであることを確認するようにしてください。 Power BI ビジュアル ギャラリー、電子メール、他のソースから入手した特定のカスタム ビジュアルを使用してもよいかどうかわからない場合は、IT 部門に相談することをおすすめします。

  4. [開く] ダイアログ ボックスで .pbiviz ファイルを選択します。

  5. アイコン (テンプレート とも呼ばれます) が [視覚化] ウィンドウに追加されます。

  6. [視覚化] ウィンドウで他のテンプレートの場合と同じようにカスタム ビジュアル テンプレートを選択してレポートに追加します。 フィールドとフィルターを追加し、ビジュアルをビルドします。

  7. 他のビジュアルと同じように、カスタム ビジュアルの書式を設定します。 [視覚化] ウィンドウでペイントブラシ アイコンを選びます。 利用可能な書式設定オプションは、ビジュアルのタイプによって異なります。

参照

Office ストアからカスタム ビジュアルをダウンロードして使用する
カスタム ビジュアルを Power BI サービスのレポートに追加する
カスタム ビジュアルを Office ストアに発行する
Power BI での視覚化
Power BI でのカスタム ビジュアル
Power BI カスタム ビジュアル ギャラリー
他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください