Power BI Desktopクエリ エディターを使って、データの新しいカスタム列をモデルに簡単に追加することができます。 ボタンを使ってカスタム列を定義する M 式を簡単に作成し、カスタム列を作成したり、カスタム列の名前を変更したりできます。 M 式には、包括的な関数参照コンテンツ セットがあります。

カスタム列の作成は、クエリ エディターで作成するクエリに対するもう 1 つの適用したステップです。つまり、変更したり、前後に移動したり、いつでも修正したりできます。

クエリ エディターを使って新しいカスタム列を追加する

新しいカスタム列を作成するには、クエリ エディターを起動します。 それには、Power BI Desktop[ホーム] リボンで [クエリを編集] を選びます。

クエリ エディターを起動してデータを読み込んだ後は、リボンで [列の追加] タブを選び、[カスタム列] を選ぶことによって、カスタム列を追加できます。

次のセクションで説明する [カスタム列の追加] ウィンドウが表示されます。

[カスタム列の追加] ウィンドウ

[カスタム列の追加] ウィンドウでは、右側のウィンドウには利用可能なフィールドの一覧が、上部にはカスタム列の名前が表示されます (そのテキスト ボックスに新しい名前を入力するだけで名前を変更できます)。また、右からのフィールドの挿入、演算子の追加、その他の方法で作成 (記述) する、新しいカスタム列を定義する Mが表示されます。

カスタムの列の式を作成する

右側の [使用できる列] の一覧でフィールドを選び、[<< 挿入] を選んでカスタム列の式に追加します。 単に一覧の列をダブルクリックして追加することもできます。

式を入力して列を作成すると、ウィンドウの下部に、構文エラーがあるかどうかが (入力と同時に) リアルタイムで表示されます。 問題がなければ、緑色のチェックマークが表示されます。

構文になんらかのエラーがある場合は、黄色の警告アイコン、検出されたエラー、エラーが検出された (式内の) 場所にカーソルを移動するリンクが表示されます。

[OK] を選ぶと、カスタム列がモデルに追加されて、[追加されたカスタム] がクエリの [適用したステップ] に追加されます。

[適用したステップ] ウィンドウで [追加されたカスタム] ステップをダブルクリックすると、[カスタム列の追加] ウィンドウが再び開きます。そのウィンドウでは作成したカスタム列が既に読み込まれており、必要に応じて変更できます。

カスタム列用の詳細エディターの使用

詳細エディターを使って、カスタム列を作成 (およびクエリのステップを変更) することもできます。 クエリ エディター[表示] タブを選び、[詳細エディター] を選んで詳細エディターを表示します。

詳細エディターでは、クエリを完全に制御できます。

詳細

クエリ エディターに提供した例に基づく列の作成など、カスタム列を作成するには他の方法もあります。 例からのカスタム列の作成の詳細については、次の記事をご覧ください。