Power BI Desktop があれば、拡張し続けるデータの世界に簡単につながることができます。 Power BI Desktop をお持ちでない場合は、ダウンロードしてインストールできます。

Power BI Desktop では、 あらゆる種類 のデータ ソースを使用できます。 次の図は、[ファイル] リボンで [データの取得] > [詳細] をクリックして行う、データへの接続方法を示しています。

この例では、 Web データ ソースに接続します。

あなたは退職を間近に控えて、陽当たりが良く、税制が有利で、医療が充実した場所への移転を考えているとします。 あるいは、データ アナリストとして、顧客のサポートにそのような情報を必要としているかもしれません。 たとえば、レインコートを製造するクライアントに降雨量が *多い*場所を販売ターゲットとするよう促す場合です。

いずれの場合も、これらのトピックやその他のトピックに関する興味深いデータを含んだ Web リソースを見つけます。

http://www.bankrate.com/finance/retirement/best-places-retire-how-state-ranks.aspx

[データの取得] > [Web] をクリックしてから、アドレスを入力します。

[OK]をクリックすると、Power BI Desktop の クエリ 機能が動作します。 Power BI Desktop は Web リソースにアクセスし、 [ナビゲーター] ウィンドウにその Web ページで検出した結果が返されます。 この場合は、テーブル (テーブル 0) とドキュメント全体が検出されました。 テーブルに興味があるので、一覧からテーブルを選択します。 [ナビゲーター] ウィンドウにプレビューが表示されます。

この時点で、ウィンドウの下部にある [編集] をクリックしてテーブルを読み込む前にクエリを編集するか、テーブルを読み込みます。

[編集]を選択すると、テーブルが読み込まれ、クエリ エディターが起動します。 [クエリの設定] ウィンドウが表示されます (表示されない場合は、リボンにある [表示] をクリックしてから、[表示] > [クエリの設定] の順にクリックすると [クエリの設定] ウィンドウが表示されます)。 表示は次のようになります。

これらのスコアはすべて数値ではなくテキストになっています。ですが、必要なのは数値です。 列ヘッダーを右クリックして [型の変更] > [整数] の順に選ぶだけで変更できるので、心配は不要です。 複数の列を選ぶには、まず&1; つの列を選んでから、Shift キーを押したまま追加の隣接する列を選びます。その後、列ヘッダーを右クリックして選んだ列をすべて変更します。 Ctrl キーを使用すると、隣接していない列を選択できます。

[クエリの設定][適用したステップ] に、これまでに加えたすべての変更が反映されます。 データをさらに変更すると、クエリ エディターはそれらの変更を [適用したステップ] セクションに記録します。このセクションで、必要に応じて調整、再アクセス、再配置、削除を行うことができます。

テーブルを読み込んだ後も変更をさらに加えることはできますが、今のところはこれで十分です。 操作が終わって、[ホーム] リボンから [閉じて適用] を選択すると、Power BI Desktop で変更が適用され、クエリ エディターが閉じます。

データ モデルが読み込まれている状態で、Power BI Desktop の レポート ビューのキャンバスにフィールドをドラッグすると、ビジュアルを作成することができます。

もちろん、これはデータ接続が&1; つしかない単純なモデルです。ほとんどの Power BI Desktop のレポートは、さまざまなデータ ソースに接続していて、豊富なデータ モデルを生み出すリレーションシップがあり、ユーザーのニーズに合わせて整形されます。

詳細

Power BI Desktop を使用すると、さまざまなことを行えます。 そのような機能について詳しくは、次のリソースをご覧ください。

弊社に対するフィードバックを歓迎いたします。 フィードバックをご希望の場合は Power BI Desktop の [フィードバックの送信] メニュー項目をご利用ください。 皆さまからのご意見をお待ちしています。