Power BI は、データ プロバイダーごとにオブジェクトの特定のプロバイダーのバージョンをサポートしています。 Power BI で使用できるデータ ソースについて詳しくは、「データ ソース」をご覧ください。 次の表では、これらの要件について説明します。

データ ソース プロバイダー 最小のプロバイダー バージョン 最小のデータ ソース バージョン サポートされているデータ ソース オブジェクト ダウンロード リンク
SQL Server ADO.net (.NET Framework に組み込み) .NET Framework 3.5 (のみ) SQL Server 2005 以降 テーブル/ビュー、スカラー関数、テーブル関数 .NET framework 3.5 以降に含まれる
Access Microsoft Access データベース (ACE) ACE 2010 SP1 制限なし テーブル/ビュー ダウンロード リンク
Excel (.xls ファイルのみ) (注 1 を参照) Microsoft Access データベース (ACE) ACE 2010 SP1 制限なし テーブル、シート ダウンロード リンク
Oracle (注 2 を参照) ODP.NET ODAC 11.2 リリース 5 (11.2.0.3.20) 9.x 以降 テーブル/ビュー ダウンロード リンク
System.Data.OracleClient (.Net Framework に組み込み) .NET Framework 3.5 9.x 以降 テーブル/ビュー .NET Framework 3.5 以降に含まれる
IBM DB2 IBM の ADO.Net クライアント (IBM データ サーバー ドライバー パッケージの一部) 10.1 9.1+ テーブル/ビュー ダウンロード リンク
MySQL コネクタ/Net 6.6.5 5.1 テーブル/ビュー、スカラー関数 ダウンロード リンク
PostgreSQL NPGSQL ADO.NET プロバイダー 2.0.12 7.4 テーブル/ビュー ダウンロード リンク
Teradata .NET Data Provider for Teradata 14+ 12+ テーブル/ビュー ダウンロード リンク
SAP Sybase SQL Anywhere iAnywhere.Data.SQLAnywhere for .NET 3.5 16+ 16+ テーブル/ビュー ダウンロード リンク

注 1: .xlsx 拡張子を持つ Excel ファイルには、別個のプロバイダーのインストールは不要です。

注 2: Oracle プロバイダーでは、Oracle クライアント ソフトウェア (バージョン 8.1.7 以降) も必要です。