データ ビューは、Power BI Desktop モデル内のデータを検査、調査、理解するのに役立ちます。 これは、クエリ エディター内のテーブル、列、データの表示方法とは異なります。 データ ビューには、モデルに読み込まれた のデータが表示されます。

データをモデル化しているときに、レポート キャンバスにビジュアルを作成することなく、実際のテーブルまたは列の内容を行レベルまで確認したい場合があります。 これは、メジャーと計算列を作成している場合や、データ型またはデータのカテゴリを識別する必要に特に当てはまります。

詳しく見てみましょう。

1.[データ ビュー] アイコン – クリックしてデータ ビューに入ります。

2.データ グリッド – 選んだテーブルとその中のすべての列と行を表示します。 レポート ビューに表示されない列はグレー表示されます。 列を右クリックしてオプションを表示できます。

3.[モデリング] リボン – リレーションシップの管理、計算の作成、列のデータ型、書式設定、データ カテゴリの変更を行います。

4.[数式] バー – メジャーと計算列の DAX 数式を入力します。

5.[検索] – モデル内のテーブルまたは列を検索します。

6.[フィールド] 一覧 – データ グリッドに表示するテーブルまたは列を選びます。