Power BI Desktop では、以前のバージョンの Power BI Enterprise Gateway をインストールして実行していたユーザーが Power BI Desktop を起動できないことがあります。これは、Power BI Enterprise Gateway がローカル コンピューターの名前付きパイプに設定した管理ポリシー制限が原因で発生します。 この問題を解決して Power BI Desktop を起動できるようにするには、次の 3 つの方法があります。

解決方法 1: Power BI Enterprise Gateway の最新バージョンをインストールする

Power BI Enterprise Gateway の最新バージョンでは、ローカル コンピューターの名前付きパイプに制限が設定されないため、Power BI Desktop を正常に起動できます。 引き続き Power BI Enterprise Gateway を使う必要がある場合は、この解決方法をお勧めします。 最新バージョンの Power BI Enterprise Gateway は、こちらからダウンロードできます。 なお、このリンクはインストール用の実行可能ファイルへの直接ダウンロード リンクですのでご注意ください。

解決方法 2: Power BI Enterprise Gateway の Windows サービスをアンインストールまたは停止する

Power BI Enterprise Gateway が不要になった場合は、これをアンインストールするか、Power BI Enterprise Gateway の Windows サービスを停止すれば、ポリシー制限が解除され、Power BI Desktop を起動できるようになります。

解決方法 3: 管理者特権を使って Power BI Desktop を実行する

別の方法として、Power BI Desktop を管理者として正常に起動できれば、Power BI Desktop も正常に起動できます。 この場合でも、前述のとおり Power BI Enterprise Gateway の最新バージョンをインストールすることを勧めします。