2017 年 4 月リリース以降の Power BI Desktop では、クイック メジャーを使って、一般的で強力な計算を迅速かつ簡単に実行できます。 クイック メジャーは、ダイアログ ボックスで指定された入力に基づいて、一連の DAX コマンドをバックグラウンドで実行し (DAX は自動的に作成されるので、自分で記述する必要はありません)、レポートで使える結果を提供します。 何より、クイック メジャーによって実行される DAX を参照でき、すぐに始めたり、自分の DAX の知識を広げたりすることができます。

クイック メジャーを作成するには、[フィールド] ウェル内のフィールドを右クリックし、表示されるメニューから [クイック メジャー] を選びます。 また、既存のビジュアルの [値] ペインの値を右クリックしてもかまいません (横棒グラフ ビジュアルの [値] フィールドなど)。 計算のカテゴリ、およびニーズに合わせた各計算の変更方法が、数多くあります。

クイック メジャー (プレビュー) を有効にする

新しいクイック メジャー機能は、Power BI Desktop2017 年 4 月のリリースからお試しいただけます。 このプレビュー機能を有効にするには、[ファイル]、[オプションと設定]、[オプション]、[プレビュー機能] の順に選択し、[クイック メジャー] の横にあるチェック ボックスをオンにします。 選択を行った後、Power BI Desktop を再起動する必要があります。

選択を行った後、Power BI Desktop を再起動する必要があります。

クイック メジャーを使用する

クイック メジャーを作成するには、Power BI Desktop[フィールド] ウェル内のフィールド (任意のフィールド) を右クリックして、表示されるメニューから [クイック メジャー] を選びます。

注: クイック メジャーを使うには、現在読み込まれているデータセットでモデリングが使用できる必要があります。 そのため、ライブ接続 (Power BI サービス データセットへの接続など) では、[フィールド] リストを右クリックしても [クイック メジャー] メニュー項目は表示されません。

右クリック メニューで選ぶと次のような [クイック メジャー] ウィンドウが表示され、必要な計算と、計算対象のフィールドを選ぶことができます。

ドロップダウン メニューを選ぶと、使用可能なクイック メジャーの長いリストが表示されます。

クイック メジャーの計算タイプには 5 つのグループがあり、それぞれに計算のコレクションが含まれます。 これらのグループおよび計算は次のとおりです。

  • カテゴリ内での集計
    • カテゴリ内の平均
    • カテゴリ内の分散
    • カテゴリ内の最大値
    • カテゴリ内の最小値
    • カテゴリごとの加重平均
  • フィルターおよびベースライン
    • フィルターされたメジャー
    • 基準との差異
    • 基準に対する差異の比率
  • タイム インテリジェンス
    • 年度累計
    • 四半期累計
    • 月度累計
    • 年度ごとの変化
    • 四半期ごとの変化
    • 月ごとの変化
    • 移動平均
  • 合計
    • 累積値
    • カテゴリの合計 (フィルター適用)
    • カテゴリの合計 (フィルター非適用)
  • 数学演算
    • 加算
    • 減算
    • 乗算
    • 除算
    • 差の割合
  • テキスト
    • 星評価
    • 値の連結リスト

計算はさらに追加される予定です。また、使いたいクイック メジャーや、追加して欲しいクイック メジャーのアイデア (基になる DAX 式も) などについて、意見を送りください。 詳しくは、記事の最後をご覧ください。

クイック メジャーの例

これらのクイック メジャーが動作する例を見てみましょう。

次のマトリックス ビジュアルでは、さまざまな電子製品の売上のテーブルが示されています。 各カテゴリの合計を含む基本的なテーブルです。

[値] フィールド ウェルを右クリックして [クイック メジャー] を選び、[計算] として [カテゴリ内の平均] を選び、[基準値] として [Sum of SalesAmount] を選び、右側のペインの [フィールド] ボックスから左側の [カテゴリ] セクションにフィールドをドラッグして [SalesAmount] を指定します。

[OK] を選ぶと、次の一覧の後の図で示すように、いくつか興味深いことが起こります。

  1. マトリックス ビジュアルに、計算を示す新しい列が追加されます (この例では、Average SalesAmount within SalesAmount)。
  2. 新しいメジャーが作成されて、[フィールド] ウェルで使用できるようになり、強調表示されます (黄色のボックスで囲まれます)。 このメジャーは、それがもともと作成されたビジュアルだけでなく、レポート内の他のビジュアルでも使用できます。
  3. クイック メジャー用に作成された DAX 式が、数式バーに表示されます。

まず最初の項目については、クイック メジャーがビジュアルに適用されたことに注意してください。 新しい列とそれに関連する値があり、これらはどちらも作成されたクイック メジャーに基づきます。

次に、クイック メジャーがデータ モデルの [フィールド] ウェルに表示され、モデル内の他のフィールドと同じように、他のビジュアルで使うことができます。 次の図では、クイック メジャーによって作成された新しいフィールドを使って、クイック縦棒グラフ ビジュアルが作成されています。

次のセクションでは、3 番目の項目である DAX 式について説明します。

クイック メジャーを使って DAX を学習する

クイック メジャー機能のもう 1 つの優れた利点は、メジャーを実装するために作成された DAX 式が直接表示されることです。 次の図は、クイック メジャーで作成されたメジャーを選択したところです ([フィールド] ウェルに追加されているので、それをクリックするだけです)。 選択すると、数式バーが表示され、メジャーを実装するために Power BI が作成した DAX 式が示されます。

これ自体も、メジャーの背後にある式がわかって便利です。 しかし、さらに重要なことはおそらく、クイック メジャーを使うと、基になる DAX 式の作成方法を確認できることです。

年度ごとの計算を行う必要があっても、DAX 式の構成方法がよくわからない場合を想像してみてください (または、何から手を付ければよいのかわからない場合)。 机に頭を打ちつける代わりに、[年度ごとの変化] 計算を使ってクイック メジャーを作成し、どうなるか見てください。 このように、クイック メジャーを作成してビジュアルでどのように表示されるかを調べ、DAX 式の動作を確認した後、DAX を直接変更するか、別のメジャーを作成して、計算がニーズや期待を満たすようにします。

仮定の質問に数クリックですぐに答えてくれる教師がいるようなものです。 気に入らない場合は、モデルからメジャーをいつでも削除できます。メジャーを右クリックし、[削除] を選ぶだけです。

メジャーが完成したら、同じ右クリック メニューで適切な名前に変更できます。

制限事項と考慮事項

このプレビュー リリースのクイック メジャーには、注意すべきいくつかの制限事項と考慮事項があります。

  • クイック メジャーは、モデルを変更できる場合にのみ使用できます。したがって、DirectQuery やライブ接続を使っているときは使用できません。
  • [フィールド] ウェルに追加されたメジャーは、レポートのすべてのビジュアルで使用できます。
  • [フィールド] ウェルで作成されたメジャーを選び、数式バーの式を見ることによって、クイック メジャーに関連付けられた DAX をいつでも確認できます。

警告: クイック メジャーで生成される DAX ステートメントでは、現在、引数の区切り記号としてコンマ*のみ*が使用されます。 Power BI Desktop のローカライズ先の言語で、コンマが小数点記号として使用されていると、クイック メジャーは正しく動作しません。

タイム インテリジェンスとクイック メジャー

日付フィールドでタイム インテリジェンス クイック メジャーを使うときは、考慮する必要のある制限があります。

クイック メジャーで使った日付フィールドによってフィルター処理されるビジュアルでクイック メジャーを使うと、次のエラー メッセージが表示されることがあります。

*Time intelligence quick measures can only be grouped or filtered by the Power BI-provided date hierarchy.*

この制限は、日付フィールドを使うスライサー、またはビジュアル、ページ、レポートのレベルのフィルターを使うスライサーが、ページに存在する場合にも適用されます。

次に示す図のページと、そこで使われているフィールドおよびクイック メジャーについて考えます。 この図で、[フィールド] ウェルに表示されている Unit Sales YTD メジャーは、[年度累計] クイック メジャーを使って作成されたものです。 折れ線グラフは、OrderDate フィールドに対してそのフィールド (および Unit Sales メジャー) がプロットされています。

[フィールド] ウィンドウの "年、四半期、月、**日" レベルでは、フィールドが内部日付階層を使っていることが示されています。 ページには OrderDate フィールドをフィルターするスライサーもあります。

ただし、そのスライサーで日付を選ぶと、次のエラーが表示されます。

このようになる理由は、スライサーが、組み込み日付階層の年/四半期/月/日の列の中の 1 つでフィルター処理するのではなく、Sales テーブルの OrderDate フィールドでフィルターしているためです。 現在はこのような制限に対する回避策はありませんが、Power BI チームは今後の Power BI Desktop のリリースでこの機能を向上させるための作業を行っています。

独自の日付テーブルを参照するように、クイック メジャーに関連付けられている DAX を調整する方法については、こちらのブログ投稿をご覧ください。

その他の情報と例

クイック メジャーの計算に関する例とガイダンスを提供する予定なので、該当する記事を確認してください。

これはプレビュー機能なので、ユーザーのフィードバックとアイデアに特に注目しています。

まだ提供されていないクイック メジャーについてのアイデアがありますか。 それは素晴らしいことです。 こちらのページで、Power BI Desktop に追加して欲しいクイック メジャーについてのアイデア (および DAX 式) をお送りください。今後リリースされるクイック メジャーに追加するかどうか検討させていただきます。