相対日付スライサーまたは相対日付フィルターでは、データ モデルの任意の日付列に時間ベースのフィルターを適用することができます。 たとえば、相対日付スライサーを使って、過去 30 日間 (または、1 か月、カレンダー月など) に発生した販売データのみを表示できます。 データを更新すると、相対期間が適切な相対日付制約を自動的に適用します。

相対日付範囲スライサーの使用

他のスライサーと同じように相対日付スライサーを使用できます。 レポートのスライサー ビジュアルを作成し、[フィールド] 値の日付値を選択するだけです。 次の図では、OrderDate フィールドが選択されています。

相対日付スライサーの右上隅にあるカラットを選択すると、メニューが表示されます。

相対日付スライサーの場合は、"相対" を選びます。

その後、設定を選択できます。 "相対日付のスライサー" の最初のドロップダウンで、次のいずれかを選択できます。

  • 最後
  • 次へ
  • この

これらの選択を次の図に示します。

"相対日付スライサー" の次の (中央) 設定では、数字を入力して、相対的な日付範囲を定義できます。

3 番目の設定では日付の測定を選択でき、次のいずれかを選択できます。

  • 週 (暦)
  • 月 (暦)
  • 年 (暦)

これらの選択を次の図に示します。

一覧から "" を選択して中間の設定に 2 を入力した場合、 次のようになります。今日が 7 月 20 日の場合、スライサーによって制約されるビジュアルのデータは、5 月 20 日から年 7 月 20 日 (今日の日付) までの過去 2 か月間が表示されます。

一方、"間 (暦)" を選択すると、5 月 1 日から 6 月 30 日 (カレンダーで完全な過去 2 か月) のデータが表示されます。

相対日付範囲フィルターの使用

レポート ページまたはレポート全体の相対日付範囲フィルターを作成することもできます。 そのためには、次の図に示すように、[フィールド] ウィンドウの [ページ レベル フィルター] 領域または [レポート レベル フィルター] 領域に、日付フィールドをドラッグします。

その後は、相対日付スライサーのカスタマイズと同様の方法で、相対的な日付範囲を変更できます。 [フィルターの種類] ドロップダウンから [相対日付フィルター] を選びます。

[相対日付フィルター] を選ぶと、スライサーと同じように中間の数値ボックスなど 3 つのセクションを変更できます。

レポートで相対日付制約を使うのに必要なものはこれだけです。

制限事項と考慮事項

現在、相対日付範囲スライサーとフィルターには次の制限事項と考慮事項が適用されています。

  • Power BI のデータ モデルには、タイム ゾーン情報は含まれません。 モデルは時間を保存できますが、タイム ゾーンの指定はありません。
  • スライサーとフィルターは常に UTC の時刻に基づくので、レポートでフィルターを構成して別のタイム ゾーンの同僚に送ると、どちらも同じデータが表示されます。 ただし、UTC タイム ゾーンではない場合は、予想とは異なるタイム オフセットのデータが表示される可能性があります。

  • ローカル タイム ゾーンでキャプチャされたデータは、クエリ エディターで UTC に変換できます。