概要

タイルをアプリに統合するチュートリアル」 のこの手順で、Azure Active Directory (AD) にアプリを登録します。 Azure AD で web アプリを識別するクライアント ID およびクライアント シークレットを取得するために、この手順を最初に実行する必要があります。 クライアント ID およびクライアント シークレットがないと、Azure AD は web アプリを認証できません。 タイル サンプルの統合をダウンロードした場合、サンプル構成のために登録した後に取得するクライアント IDクライアント シークレットを使用します。そうすることにより、サンプルは Azure AD に認証できるようになります。

: Power BI 用の web アプリを登録する前に、Power BI にサインアップする必要があります。

Azure AD に Web アプリを登録する手順は次のとおりです。

Azure AD に Web アプリを登録する

  1. dev.powerbi.com/apps に移動します。
  2. [既存のアカウントでサインインする]をクリックして、Power BI アカウントにサインインします。
  3. アプリ名を入力します。 このチュートリアルでは、「タイル サンプルの統合」を入力します。
  4. [アプリの種類] には、[サーバー側の Web アプリ] を選択します。
  5. [リダイレクト URL]を入力します。 このチュートリアルでは、Azure AD によって既定のページにリダイレクトされるので、http://localhost:13526 と入力します。 Azure Active Directory (AD) は、認証コードをもってこのページにリダイレクトします。 認証コードを使用して Power BI タイルにアクセスするためのアクセス トークンを取得する方法について学ぶには、「認証アクセス トークンを取得する」を参照してください。
  6. ホーム ページを入力します。 このチュートリアルでは、サンプルのホーム ページである「http://localhost:13526」を入力します。
  7. [アクセスする API の選択] では、[すべてのダッシュボード (プレビュー) の読み取り] を選びます。 Power BI アプリのすべてのアクセス許可については、「アプリのアクセス許可」を参照してください。
  8. [アプリの登録] をクリックし、生成されたクライアント IDクライアント シークレットを保存します。 クライアント IDクライアント シークレットによって Azure AD のアプリを識別します。 認証に必要なクライアント IDクライアント シークレットを使用するためにタイル サンプルの統合を構成するには、「タイル サンプルの統合を構成する」を参照してください。

[Power BI にアプリケーションを登録する] ページは、次のようなものです。

Azure AD でweb アプリを登録したので、Power BI ダッシュボードとタイルにアクセスするために Azure AD から認証アクセス トークンを取得できます。

クライアント IDクライアント シークレットを取得した後、タイル サンプルの統合などの web アプリを構成し、Power BI タイルにアクセスすることができます。 次のセクションでは、サンプルを構成する方法を示します。

タイル サンプルの統合を構成する

タイル サンプルの統合をダウンロードした場合、登録した後に取得するクライアント IDクライアント シークレットを使用します。そうすることにより、サンプルは Azure AD に認証できるようになります。 サンプルを構成するために、クライアント IDクライアント シークレットを web.config で変更します。 Azure AD に認証する方法について詳しく学ぶには、「手順 2: Power BI ダッシュボードの取得」を参照してください。

次の手順

タイルをアプリに統合するには、ダッシュボード内のタイルを取得する必要があります。 次の手順では、Power BI ダッシュボードを取得する方法について学びます。 手順 3 では、ダッシュボードからタイルを取得する方法を学びます。

次の手順 >

参照

Power BI にサインアップする
タイルをアプリに統合するチュートリアル
タイルの統合サンプル
タイルの統合サンプルを構成する
認証アクセス トークンを取得する
アプリのアクセス許可
手順 2: Power BI ダッシュボードを取得する
他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください