Power BI には、対話型で、さまざまなデータ ソースからリアルタイムで作成、更新できるダッシュボードが表示されます。 REST 呼び出しをサポートするプログラミング言語を使って、リアルタイムで Power BI ダッシュボードと統合するアプリを作成できます。 アプリに、Power BI のタイルとレポートを統合することもできます。

開発者は、対話型のレポートやダッシュ ボードで使用できる独自のデータ表示を作成することもできます。

Power BI API を使って行うことのできる例は以下のとおりです。

操作の内容 参照先
Power BI ユーザーと Power BI 以外のユーザーのためにダッシュボード、レポート、タイルを埋め込む (アプリ所有データ) Power BI ダッシュボード、レポート、およびタイルを埋め込む方法
既存のビジネス ワークフローを拡張して、主要なデータを Power BI ダッシュボードにプッシュします。 ダッシュボードにデータをプッシュする
Power BI Desktop ファイルをインポートする PBIX ファイルをインポートする
Power BI に対して認証を行う Power BI に対して認証を行う
カスタム ビジュアルを作成します。 開発者ツールを使ってカスタム ビジュアルを作成する
メモ:

Power BI API では引き続き、アプリ ワークスペースをグループと呼びます。 したがって、グループと記述されている場合はすべて、アプリ ワークスペースを使用していることを意味します。

Power BI の開発者向けサンプル

Power BI 開発者向けのサンプルには、ダッシュ ボード、レポート、タイルの埋め込み項目が含まれます。

Power BI の開発者向けサンプル

  • App Owns Data 内のサンプルは Power BI 以外のユーザーでの埋め込み用です。
  • User Owns Data 内のサンプルは Power BI ユーザーでの埋め込み用です。

GitHub リポジトリ

開発者向けツール

次は、Power BI 項目の開発を支援するツールです。

次の手順

データセットにデータをプッシュする
カスタム ビジュアル開発者ツールの概要 Power BI REST API リファレンス

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティで質問してみてください