この記事は、チュートリアル「データセットにデータをプッシュする」の一部です。

Power BI データセットにデータをプッシュする最初の手順では、Azure AD にアプリを登録します。 Azure AD でアプリを識別する クライアント ID を取得するために、この手順を最初に実行する必要があります。 クライアント IDがないと、Azure AD はアプリを認証できません。

: Power BI 用アプリを登録する前に、Power BI にサインアップする必要があります。

Azure AD にアプリを登録する手順は次のとおりです。

Azure AD にアプリを登録する

  1. dev.powerbi.com/apps に移動します。
  2. [既存のアカウントでサインインする]をクリックして、Power BI アカウントにサインインします。
  3. [アプリ名] を入力します (例: ダッシュボードにデータをプッシュするサンプル)。
  4. [アプリの種類]で、 [ネイティブ アプリ]を選びます。
  5. [リダイレクト URL] を入力します (例: https://login.live.com/oauth20_desktop.srf)。 ネイティブ クライアント アプリの場合、リダイレクト URI は、認証する特定のアプリケーションに関する詳細を Azure AD に提供します。 クライアント アプリの標準の URI は https://login.live.com/oauth20_desktop.srf です。
  6. [アクセスする API の選択]では、 [すべてのデータセットの読み取りと書き込み]を選びます。 すべての Power BI アプリのアクセス許可については、「Power BI のアクセス許可」をご覧ください。
  7. [アプリの登録]をクリックし、生成された クライアント ID を保存します。 クライアント ID は、Azure AD 内でアプリを識別します。

[Power BI にアプリケーションを登録する] ページは、次のようなものです。

次の手順では、認証アクセス トークンを取得する方法について説明します。

次の手順 >

参照

Power BI にサインアップする
認証アクセス トークンを取得する
チュートリアル: データセットにデータをプッシュする
アプリケーションを登録する
Power BI REST API の概要

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティで質問してみてください