オンプレミス データ ゲートウェイをインストールしたら、ゲートウェイで使用できるデータ ソースを追加する必要があります。 この記事では、ゲートウェイとデータ ソースの操作方法について説明します。 スケジュールされた更新または DirectQuery のどちらに対しても SAP HANA データ ソースを使用できます。

ゲートウェイをダウンロードしてインストールする

ゲートウェイは Power BI サービスからダウンロードできます。 [ダウンロード] > [Data Gateway] の順に選択するか、ゲートウェイのダウンロード ページに移動します。

ゲートウェイの追加

ゲートウェイを追加する場合は、使用している環境のサーバー上にゲートウェイをダウンロードしてインストールするだけです。 インストール済みのゲートウェイは、 [ゲートウェイの管理]の下のゲートウェイ一覧に表示されます。

メモ:

[ゲートウェイの管理] は、少なくとも 1 つのゲートウェイの管理者になるまで表示されません。 つまり、ゲートウェイの管理者に追加されるか、または自身でゲートウェイをインストールして構成した場合に表示されます。

ゲートウェイの削除

ゲートウェイを削除すると、そのゲートウェイの下にあるデータ ソースもすべて削除されます。 それらのデータ ソースに依存するダッシュボードやレポートも中断されます。

  1. 画面右上の歯車アイコン をクリックし、[ゲートウェイの管理] を選択します。

  2. [ゲートウェイ] > [削除] をクリックします。

データ ソースの追加

データ ソースを追加するには、ゲートウェイを選択して [データ ソースの追加] をクリックするか、または [ゲートウェイ] > [データ ソースの追加] をクリックします。

次に、一覧から [データ ソースの種類] を選択します。

次に、 [サーバー][ユーザー名][パスワード]など、データ ソースの情報を入力する必要があります。

メモ:

データ ソースへのすべてのクエリは、これらの資格情報を使用して実行されます。 詳細については、資格情報の保存方法を説明している主なオンプレミス データ ゲートウェイ記事を参照してください。

すべての情報を入力したら、 [追加] をクリックできます。 このデータ ソースは、オンプレミスの SAP HANA サーバーに対するスケジュールされた更新または DirectQuery に使用できるようになりました。 接続に成功すると、「 接続成功 」というメッセージが表示されます。

詳細設定

データ ソースのプライバシー レベルを構成できます。 データを加工できる方法を制御します。 これは、スケジュールされた更新にのみ使用します。 DirectQuery には適用されません。 詳細情報

データ ソースの削除

データ ソースを削除すると、そのデータ ソースに依存するすべてのダッシュボードやレポートが中断されます。

データ ソースを削除するには、[データ ソース] > [削除] をクリックします。

管理者の管理

ゲートウェイの [管理者] タブで、ゲートウェイを管理できるユーザー (またはセキュリティ グループ) を追加および削除できます。

ユーザーの管理

データ ソースの [ユーザー] タブで、このデータ ソースを使用できるユーザーまたはセキュリティ グループを追加および削除できます。

メモ:

ユーザー一覧は、だれがレポートを公開できるかを制御します。 レポート所有者は、ダッシュボードやコンテンツ パックを作成し、それらを他のユーザーと共有できます。

データ ソースの使用

作成したデータ ソースは、DirectQuery 接続かスケジュールされた更新のいずれかによって使用されます。

メモ:

Power BI Desktop とオンプレミス データ ゲートウェイ内のデータ ソースとの間で、サーバーとデータベース名が一致している必要があります。

データセットとゲートウェイ内のデータ ソース間のリンクは、サーバー名とデータベース名に基づいています。 このため、これらは一致している必要があります。 たとえば、Power BI Desktop 内でサーバー名の IP アドレスを指定する場合は、ゲートウェイ構成内のデータ ソースでもその IP アドレスを使用する必要があります。 Power BI Desktop で SERVER\INSTANCE を使用する場合は、ゲートウェイ用に構成されているデータ ソース内でも同じものを使用する必要があります。

これは、DirectQuery とスケジュールされた更新のどちらにも該当します。

DirectQuery 接続でデータ ソースを使用する

Power BI Desktop とゲートウェイ用に構成されているデータ ソースとの間では、サーバーとデータベース名が一致している必要があります。 また、DirectQuery のデータセットを公開するには、自分のアカウントがデータ ソースの [ユーザー] タブの一覧に表示されている必要があります。 DirectQuery の選択は、最初にデータをインポートする Power BI Desktop 内で発生します。 詳細情報

公開した後は、Power BI Desktop か [データの取得] のいずれかから、レポート機能が利用可能になります。 ゲートウェイ内にデータ ソースを作成してから、接続が使用できるようになるまでには、数分ほどかかることがあります。

スケジュールされた更新でデータ ソースを使用する

ゲートウェイ内に構成されているデータ ソースの [ユーザー] タブの一覧に自分のアカウントが表示されていて、さらにサーバーとデータベース名が一致している場合は、スケジュールされた更新で使用するオプションとして、ゲートウェイが表示されます。

参照

オンプレミス データ ゲートウェイ
オンプレミス データ ゲートウェイの詳細
オンプレミス データ ゲートウェイのトラブルシューティング
他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください