全般

質問: 実際の Windows サービスは何と呼ばれますか?
回答: [サービス] では、ゲートウェイは On-premises data gateway サービスという名前で示されます。

質問: ゲートウェイの要件は何ですか?
回答: 主要なゲートウェイの記事にある要件のセクションを参照してください。

質問: ゲートウェイでどのようなデータ ソースがサポートされていますか?
回答: 主要なゲートウェイの記事にあるデータ ソースの表を参照してください。

質問: Azure SQL Database などのクラウド データ ソース用にゲートウェイは必要でしょうか?
回答: いいえ。 ゲートウェイなしでサービスはそのデータ ソースに接続できます。

質問: クラウドからゲートウェイへの着信接続はあるのでしょうか?
回答: いいえ。 ゲートウェイは、Azure Service Bus への発信接続を使用します。

質問: 発信接続をブロックすると、どうなりますか? 何を開く必要がありますか?
回答: ゲートウェイで使用するポートの一覧とホストの一覧を参照してください。

質問: ゲートウェイはデータ ソースと同じコンピューターにインストールする必要がありますか?
回答: いいえ。 ゲートウェイは、指定された接続情報を使用してデータ ソースに接続します。 この意味では、ゲートウェイをクライアント アプリケーションと考えることができます。 ゲートウェイに必要なのは、指定されたサーバー名に接続できることだけです。

質問: ゲートウェイからデータ ソースへのクエリを実行するための待機時間はどれぐらいですか? 最適なアーキテクチャは何でしょうか?
回答: ネットワークの遅延を避けるため、ゲートウェイをできるだけデータ ソースの近くに配置することをお勧めします。 実際のデータ ソース上にゲートウェイをインストールできれば、発生する待機時間は最小限に抑えられます。 データ センターの配置先についても検討してください。 たとえば、サービスで米国西部のデータ センターを使用しており、SQL Server を Azure VM でホストしている場合は、Azure VM も米国西部に配置することをお勧めします。 そうすることで待機時間が最小化され、Azure VM での送信料金を抑えることができます。

質問: ネットワーク帯域幅についての要件はありますか?
回答: ネットワーク接続用に十分なスループットを確保することをお勧めします。 環境はどれも異なり、送信されるデータの量によっても必要な帯域幅が異なります。 ExpressRoute を使用すると、オンプレミスと Azure データ センター間のスループットのレベルを保証するために役立ちます。

サード パーティの Azure Speed Test アプリ を使用してスループットを測定できます。

質問: ゲートウェイ Windows サービスを Azure Active Directory アカウントで実行できますか?
回答: いいえ。 Windows サービスには有効な Windows アカウントが必要です。 既定では、サービスの SID (NT SERVICE\PBIEgwService) で実行されます。

質問: 結果はクラウドにどのように返されますか?
回答: 結果は Azure Service Bus を使用して返されます。 詳細については、「機能方法」を参照してください。

質問: 資格情報はどこに保存されますか?
回答: データ ソースに対して入力した資格情報は、暗号化されてゲートウェイ クラウド サービスに保存されます。 資格情報はオンプレミスのゲートウェイで復号化されます。

質問: ゲートウェイを境界ネットワーク (DMZ、非武装地帯、スクリーン サブネット) に配置できますか?
回答: ゲートウェイはデータ ソースに接続する必要があります。 データ ソースが境界ネットワーク内でアクセス可能でない場合、ゲートウェイはデータ ソースに接続できない可能性があります。 たとえば、SQL Server が境界ネットワーク内にない場合があります。 また、境界ネットワークから SQL Server には接続できません。 ゲートウェイを境界ネットワークに配置した場合、ゲートウェイは SQL Server にアクセスできなくなります。

質問: Azure Service Bus とのトラフィックに TCP ではなく HTTPS を使用するようにゲートウェイに強制することはできますか。
回答: はい。 ただし、これによりパフォーマンスが大幅に低下します。 Microsoft.PowerBI.DataMovement.Pipeline.GatewayCore.dll.config ファイルを変更する必要があります。 値を AutoDetect から Https に変更します。 このファイルは、既定では C:\Program Files\On-premises data gateway にあります。

質問: Azure データ センター IP リストをホワイトリストに登録する必要がありますか? どこでリストを取得できますか?
回答: 送信 IP トラフィックをブロックしている場合は、ホワイトリストへの Azure データ センター IP リストの登録が必要になることがあります。 現在、ゲートウェイは、完全修飾ドメイン名に加えて IP アドレスを使って Azure Service Bus と通信します。 Azure データ センター IP リストは毎週更新されます。 Microsoft Azure データ センター IP リストをダウンロードできます。

<setting name="ServiceBusSystemConnectivityModeString" serializeAs="String">
    <value>Https</value>
</setting>

高可用性と障害復旧

質問: ゲートウェイで高可用性のシナリオを実現するためのプランはありますか?
回答:はい、これは Power BI チームが積極的に力を注いでいる分野です。 この機能の今後の更新については、Power BI のブログに注目していてください。

質問: ディザスター リカバリーにはどのオプションを使用できますか。
回答: 回復キーを使ってゲートウェイを復元または移動できます。 ゲートウェイをインストールするときに回復キーを指定してください。

質問: 回復キーの利点は何ですか?
回答: ゲートウェイの設定を移行または回復する方法を提供します。 ディザスター リカバリーにも使用されます。

トラブルシューティング

質問: ゲートウェイ ログはどこにありますか?
回答: トラブルシューティングに関する記事にあるツールのセクションを参照してください。

質問: オンプレミスのデータ ソースにどのようなクエリが送信されているかを確認する方法を教えてください。
回答: クエリ トレースを有効にすることができます。 このトレースには、送信されるクエリが含まれます。 トラブルシューティングが完了したら、忘れずに元の値に戻してください。 クエリ トレースを有効にすると、ログの容量が大きくなります。

データ ソースに用意されているクエリ追跡用のツールを検討することもできます。 たとえば、SQL Server と Analysis Services に拡張イベントや SQL Profiler を使用できます。

Analysis Services

質問: Analysis Services では、msdmpump.dll を使用してカスタムの有効なユーザー名マッピングを作成できますか。
回答: いいえ。 現時点ではサポートされていません。

質問: ゲートウェイを使用し、多次元 (OLAP) インスタンスに接続できますか。
回答: もちろんです。 オンプレミス データ ゲートウェイでは、Analysis Services の表形式と多次元モデルへのライブ接続をサポートしています。

質問: Windows 認証を使用するオンプレミス サーバーとは異なるドメイン内のコンピューターにゲートウェイをインストールした場合、どうなりますか?
回答: 結果は保証されません。 うまく機能するかどうかはすべて、2 つのドメイン間の信頼関係に応じて決まります。 2 つの異なるドメインが信頼されたドメイン モデルに含まれていれば、ゲートウェイは Analysis Services サーバーに接続し、有効なユーザー名を解決できる可能性があります。 含まれていない場合、ログインできないことがあります。

質問: オンプレミスの Analysis Services サーバーにどの有効なユーザー名が渡されているかを調べる方法がありますか。
回答: これについてはトラブルシューティング記事で回答します。

質問: Analysis Services に 25 台のデータベースがあります。ゲートウェイに対してすべてを一度に有効にする方法はありますか。
回答: いいえ。 これはロードマップにありますが、時間枠は用意していません。

管理

質問: 1 つのゲートウェイに対して複数の管理者を指定できますか。
回答: もちろんです。 ゲートウェイを管理するとき、管理者のタブに移動し、管理者を追加できます。

質問: ゲートウェイの管理者は、ゲートウェイがインストールされているコンピューターの管理者である必要がありますか。
回答: いいえ。 ゲートウェイ管理者は、サービス内からゲートウェイを管理する際に使用されます。

質問: 自分の所属組織のユーザーにゲートウェイの構築を禁止できますか。
回答: いいえ。 これはロードマップにありますが、時間枠は用意していません。

質問: 自分の所属組織でゲートウェイの使用状況と統計値を入手できますか。
回答: いいえ。 これはロードマップにありますが、時間枠は用意していません。

Power BI

質問: パーソナル ゲートウェイをアップグレードする必要はありますか。 回答: いいえ。Power BI のパーソナル ゲートウェイを引き続き使用できます。

質問: オンプレミス データ ゲートウェイを介して接続しているとき、Power BI のダッシュボードにタイルはどれくらいの頻度で更新されますか?
回答: 約 10 分です。 DirectQuery ライブ接続はちょうどそのくらいです。 これは、10 分ごとにタイルがオンプレミス サーバーにクエリを発行し、新しいデータを表示するという意味ではありません。

質問: オンプレミスのデータ ソースに接続する Power Pivot データ モデルの入った Excel ブックをアップロードできますか。 このシナリオではゲートウェイは必要ですか。
回答: はい、そのようなブックをアップロードできます。 ゲートウェイは必要ありません。 データが Excel データ モデルに存在するため、Excel ブックに基づく Power BI でのレポートはライブではなくなります。 Power BI のレポートを更新するには、更新されたブックを毎回、再アップロードする必要があります。 あるいは、更新をスケジュールし、ゲートウェイを使用します。

質問: ユーザーが DirectQuery 接続のあるダッシュボードを共有する場合、同じアクセス許可を持たない他のユーザーでもデータを表示できますか。
回答: Analysis Services に接続されたダッシュボードの場合、ユーザーはアクセス権限を持つデータのみを表示できます。 ユーザーが同じアクセス許可を持たない場合、データを表示できません。 その他のデータ ソースの場合、すべてのユーザーはそのデータ ソースの管理者によって入力された資格情報を共有します。

質問: Oracle サーバーに接続できないのはなぜですか。
回答: Oracle サーバーに接続するには、Oracle クライアントをインストールし、tnsnames.ora ファイルに適切なサーバー情報を構成することが必要な場合があります。 このインストールは、ゲートウェイとは別に行います。 詳細については、「Oracle クライアントのインストール」をご覧ください。

質問: ゲートウェイは ExpressRoute と連携して動作しますか?
回答: はい。 ExpressRoute と Power BI の詳細については、「Power BI と ExpressRoute」を参照してください。

参照

オンプレミス データ ゲートウェイ
オンプレミス データ ゲートウェイの詳細
オンプレミス データ ゲートウェイのトラブルシューティング
他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください