ゲートウェイを利用し、オンプレミス データ ソースを使用したり、Power BI のレポートやダッシュボードを作成したりできます。 ゲートウェイは、プライベートのオンプレミス ネットワークに保存されているデータへのアクセスを促進し、Power BI サービスなど、オンライン サービスでそのデータを使用することを可能にするソフトウェアです。 オンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード) は最近公開された、Power BI ゲートウェイの更新プログラムであり、個人が自分のコンピューターにゲートウェイをインストールし、オンプレミス データにアクセスすることを可能にします。

注: オンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード) は、以前にサポートされていた、Power BI Gateway - Personal という名称のバージョンの個人ゲートウェイに取って代わるものです。 以前の個人ゲートウェイは 2017 年 7 月 31 日まで動作します。 新しいバージョンに更新する方法については、下のセクションをご覧ください。

オンプレミス データ ゲートウェイの機能 (個人用モード)

オンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード) が公開され、改善されたさまざまな機能を利用できるようになりました。 以前のバージョンの個人ゲートウェイ (Power BI Gateway - Personal) では、導入に制限がありました。 多くの Power BI 製品と同様に、Microsoft はお客様のニーズ、要望、製品の使用方法を調査しました。 結果として、オンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード) は一から設計が見直され、次の機能/機能改善が追加されました。

  • 信頼性の向上 - 新しいバージョンの個人ゲートウェイはコードや構造型ソフトウェアが改善されたことで、以前のバージョンに比べて信頼性が上がっています。
  • 拡張性の向上 - 構造型ソフトウェアが改善されたことで、追加機能が利用可能になったとき、個人ゲートウェイに簡単に追加できるようになりました。
  • Power BI サービスから個人ゲートウェイを削除 - 新しいバージョンが公開されたことで、Power BI サービス内から個人ゲートウェイを削除できるようになりました。
  • 構成とサービスのログ - 新しいバージョンでは、1 回のクリックで構成とサービスのログを .zip ファイルに簡単にエクスポートできるようになりました。

オンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード) のインストール

以前のバージョンのゲートウェイがインストールされていない状態でオンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード) をインストールするには、[Power BI サービス] の歯車アイコンを選択し、[データ ゲートウェイ] を選択します。

ゲートウェイはこの場所からもダウンロードできます。 インストール手順に従います。インストール プロセスではいずれのバージョンのゲートウェイ (他のユーザーと共有可能な標準ゲートウェイまたは個人用モード) もインストールできるので、インストールするゲートウェイのバージョン選択を求められたら、[オンプレミス データ ゲートウェイ](個人用モード) を選択してください。

以前の個人ゲートウェイを更新する

Power BI Gateway - Personal ゲートウェイを既にインストールしている場合、Power BI サービス[設定][データセット] を表示すると、機能強化された新しいバージョンをインストールするように求められます。

データセットを選択し、[ゲートウェイ接続] を選択すると、機能強化された新しいバージョンの個人ゲートウェイが利用できることが通知されます。 [今すぐインストールする] を選択します。

注: 以前のバージョンの Power BI Gateway - Personal のプロセスを管理者特権で実行している場合、新しいゲートウェイ プロセスも管理者特権で開始してください。それにより、データセットの資格情報が自動的に更新されます。 管理者特権で実行しない場合、データセットの資格情報を手動で更新する必要があります。

更新プロセスが進行し、完了後、インストールが正常に終了したことが表示されます。 まだ閉じないでください。最後の手順が残っています。

最後の手順は次のようになります。 新しい個人ゲートウェイがインストールされたら (最後のインストール画面がまだ表示されている状態で)、Power BI サービスにサインインし、ゲートウェイがオンラインになるまで待ちます。次の画像のようになります。

以前のゲートウェイがインストールされているものと同じコンピューターで個人ゲートウェイを更新した場合、資格情報が自動的に更新され、あらゆる更新作業が新しいゲートウェイで進行します。 以前のゲートウェイは別のコンピューターにインストールしていた場合、特定のデータセットで、資格情報を更新するように求められます。 前の画像で、ウィンドウのデータセット リストに注目してください。資格情報の更新が必要な可能性があるデータセットが一覧表示されます。 一覧表示されたデータセットはすべて、直接のリンクになっています。クリックするだけで資格情報を簡単に更新できます。

これでほぼ完了です。 新しいゲートウェイがインストールされたら、コンピューターにインストールされている以前のバージョンは必要なくなります。アンインストールしてください。 コンピューター上で Power BI Gateway - Personal を検索し、アンインストールします。

インストールした個人ゲートウェイのバージョンを確認する

現在インストールしている個人ゲートウェイのバージョンは、次の方法で確認できます。

  • 個人ゲートウェイの以前のバージョンの名称は Power BI Gateway - Personal です。インストール ダイアログで Power BI アイコンが使用されます。
  • 新しいバージョンの個人ゲートウェイの名称はオンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード) です。ゲートウェイ アイコンが使用されます (下部に上下矢印が付いた雲)。

[プログラムの追加と削除] に進み、Power BI Gateway - Personal が一覧に表示されているか確認できます。表示されている場合、以前のバージョンの個人ゲートウェイがインストールされています。

個人ゲートウェイで高速結合を利用する

以前のゲートウェイで高速結合を利用していた場合、オンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード) と連動させるために、次の手順で高速結合を再有効化する必要があります。

  1. エクスプローラーを利用し、次のファイルを開きます。

    %localappdata%\Microsoft\on-premises data gateway (personal mode)\Microsoft.PowerBI.DataMovement.Pipeline.GatewayCore.dll.config
    
  2. ファイルの下部に次のテキストを追加します。

    ```
    <setting name="EnableFastCombine" serializeAs="String">```
    <value>true</value>
    </setting>
    ```
    
  3. 完了すると、約 1 分で設定が適用されます。 正常に動作していることを確認するには、Power BI サービスでオンデマンド更新を試し、高速結合が動作していることを確認します。

制限事項と考慮事項

オンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード) を利用するとき、いくつかの考慮事項があります。それをまとめたのが次の一覧です。

  • Windows 認証を基盤とする OLEDB 接続と ODBC 接続は現在のところ、オンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード) に対応していません。 OLEDB 接続と ODBC 接続のいずれも現在開発中です。
  • Windows Hello またはピン留めを利用して Windows にサインインしている場合、次のエラーが表示されることがあります。
    • 選択したユーザー アカウントはアプリケーションの要件を満たしていません。別のアカウントを使用してください。
    • このエラーを解消するには、[別のアカウントを使う] を選択し、もう一度サインインします。

次のデータ ソースは現在のところ、オンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード) に対応していません。

  • ADO.NET
  • CurrentWorkbook
  • FTP
  • HDFS
  • SAP BusinessObjects
  • Spark

Spark のサポートは、2017 年度の後半に計画されています。

よく寄せられる質問 (FAQ)

  • オンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード)オンプレミス データ ゲートウェイ (以前、Enterprise バージョンと呼ばれていたもの) は並列実行できますか。

    • 回答: はい。新しいバージョンでは、両方を同時実行できます。
  • オンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード) はサービスとして実行できますか。

    • 回答: いいえ。 オンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード)はアプリケーションとしてのみ実行できます。 ゲートウェイをサービスとして実行する必要がある場合、あるいは管理者モードで実行する必要がある場合、オンプレミス データ ゲートウェイ (以前、Enterprise ゲートウェイと呼ばれていたもの) の使用を検討する必要があります。
  • オンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード) はどのくらいの頻度で更新されますか。

    • 回答: 個人ゲートウェイは毎月更新する予定です。
  • 資格情報の更新を求められるのはなぜですか。

    • 回答: さまざまな状況で資格情報が要求されます。 最も一般的な状況は、Power BI - Personal ゲートウェイとは異なるコンピューターにオンプレミス データ ゲートウェイ (個人用モード) を再インストールした場合です。 データ ソースに問題がある、Power BI でテスト接続を実行でなかった、タイムアウトが発生した、システム エラーが発生したなども考えられます。 Power BI サービスの資格情報を更新するには、歯車アイコンから [設定][データセット] の順に選択し、問題のデータセットを見つけ、[資格情報の更新] をクリックします。
  • アップグレードの間、以前の個人ゲートウェイはどのくらいの時間オフラインになりますか。

    • 回答: 個人ゲートウェイの最新版への更新は数分で完了します。
  • 2017 年 7 月 31 日までに新しい個人ゲートウェイに移行しないとどうなりますか。

    • 回答: レポートを現在のゲートウェイで更新すると、更新が停止します。 新しい更新スケジュールを設定する唯一の方法は、新しいゲートウェイをインストールし、設定することです。
  • R スクリプトを使用しています。 これには対応していますか。

    • 回答: R スクリプトには間もなく対応する予定です。
  • Power BI サービスにゲートウェイ更新メッセージが表示されません。

    • 回答: おそらく、1 つまたは複数のデータセットに含まれるデータ ソースが現在未対応です。

参照

Power BI Gateway のプロキシ設定を構成する
他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください