URI (Uniform Resource Identifier) を作成して使用することで、すべてのモバイル プラットフォーム (iOS、Android デバイス、Windows 10) で Power BI モバイル アプリ内の特定の場所にリンクすることができます (ディープ リンク)。

URI のリンクは、ダッシュボード、タイル、およびレポートを直接指し示すことができます。

ディープ リンクのリンク先により、URI の形式が決まります。 異なる場所へのディープ リンクを作成するには、次の手順のようにします。

Power BI モバイル アプリを開く

任意のデバイスの Power BI モバイル アプリを開くには、次の URI を使います。

mspbi://app/

特定のダッシュボードを開く

Power BI モバイル アプリの特定のダッシュボードを開くには、次の URI を使います。

mspbi://app/OpenDashboard?DashboardObjectId=<36-character-dashboard-id>

ダッシュボードの 36 文字のオブジェクト ID を検索するには、Power BI サービス (https://powerbi.com) で特定のダッシュボードに移動します。 たとえば、次の URL の強調表示された部分を見てください。

https://powerbi.com/groups/me/dashboards/61b7e871-cb98-48ed-bddc-6572c921e270

ダッシュボードがマイ ワークスペース以外のグループにある場合は、ダッシュボード ID の前または後に &GroupObjectId=<36-character-group-id> を追加します。 次はその例です。

mspbi://app/OpenDashboard?DashboardObjectId=e684af3a-9e7f-44ee-b679-b9a1c59b5d60&GroupObjectId=8cc900cc-7339-467f-8900-fec82d748248

2 つの間のアンパサンド (&) に注意してください。

特定のタイルにフォーカスを設定して開く

Power BI モバイル アプリの特定のタイルにフォーカスを設定して開くには、次の URI を使います。

mspbi://app/OpenTile?DashboardObjectId=<36-character-dashboard-id>&TileObjectId=<36-character-tile-id>

ダッシュボードとタイルの 36 文字のオブジェクト ID を検索するには、Power BI サービス (https://powerbi.com) で特定のダッシュボードに移動し、フォーカス モードでタイルを開きます。 たとえば、次の URL の強調表示された部分を見てください。

https://powerbi.com/groups/me/dashboards/3784f99f-b460-4d5e-b86c-b6d8f7ec54b7/tiles/565f9740-5131-4648-87f2-f79c4cf9c5f5/infocus

このタイルの URI は次のようになります。

mspbi://app/OpenTile?DashboardObjectId=3784f99f-b460-4d5e-b86c-b6d8f7ec54b7&TileObjectId=565f9740-5131-4648-87f2-f79c4cf9c5f5

2 つの間のアンパサンド (&) に注意してください。

ダッシュボードがマイ ワークスペース以外のグループにある場合は、&GroupObjectId=<36-character-group-id> を追加します。

特定のレポートを開く

Power BI モバイル アプリの特定のレポートを開くには、次の URI を使います。

mspbi://app/OpenReport?ReportObjectId=<36-character-report-id>

レポートの 36 文字のオブジェクト ID を検索するには、Power BI サービス (https://powerbi.com) で特定のレポートに移動します。 たとえば、次の URL の強調表示された部分を見てください。

https://powerbi.com/groups/me/reports/df9f0e94-31df-450b-b97f-4461a7e4d300

特定のレポート ページを開く

Power BI モバイル アプリの特定のレポート ページを開くには、次の URI を使います。

mspbi://app/OpenReport?ReportObjectId=<36-character-report-id>&reportPage=ReportSection<number>

レポート ページを呼び出すには、"ReportSection" に続けて番号を指定します。 ここでも、Power BI サービス (https://powerbi.com) でレポートを開き、特定のレポート ページに移動します。

たとえば、次の URL の強調表示された部分を見てください。

https://powerbi.com/groups/me/reports/df9f0e94-31df-450b-b97f-4461a7e4d300/ReportSection11

コンテキストを追加する (省略可能)

文字列にコンテキストを追加することもできます。 Microsoft へお問い合わせになる場合は、Microsoft はそのコンテキストを使用して、お客様のアプリへのデータをフィルター処理することができます。 リンクに &context=<app-name> を追加する

たとえば、次の URL の強調表示された部分を見てください。

https://powerbi.com/groups/me/reports/df9f0e94-31df-450b-b97f-4461a7e4d300/&context=SlackDeepLink

参照

Power BI モバイル アプリで使用したいその他の機能にぜひ投票してください。お客様からのフィードバックは、将来実装する機能を決めるのに役立ちます。