現実世界でバーコードをスキャンし、Power BI モバイル アプリでフィルターされた BI 情報に直接アクセスできます。

たとえば、同僚が Power BI Desktop のレポートのバーコード フィールドにタグを付け、そのレポートを自分と共有したとします。

iPhone の Power BI アプリのスキャナーで製品バーコードをスキャンすると、そのバーコードを持つレポート (またはレポートの一覧) が表示されます。 そのレポートは、そのバーコードでフィルターされた状態で iPhone で開くことができます。

Power BI スキャナーでバーコードをスキャンする

  1. Power BI モバイル アプリで、左上のメイン ナビゲーション メニュー を開きます。

  2. スキャナー まで下にスクロールし、それを選択します。

  3. カメラが有効になっていない場合は、Power BI アプリでカメラを使用することを承認する必要があります。 これは、1 回限りの承認です。

  4. 製品のバーコードをスキャナーでポイントします。

    そのバーコードに関連付けられたレポートの一覧が表示されます。

  5. レポート名をタップして iPhone で開くと、そのバーコードで自動的にフィルターされた状態で表示されます。

レポートを開いているときに他のバーコードでフィルターする

バーコードでフィルターされたレポートを iPhone で表示しているときに、そのレポートを別のバーコードでフィルターすることがあります。

  • バーコード アイコンにフィルター がある場合、フィルターがアクティブになり、レポートをバーコードでフィルターすることができます。
  • アイコンにフィルター が含まれていない場合、フィルターはアクティブにならず、レポートはバーコードでフィルターされません。

いずれの方法でも、アイコンをタップすると浮動スキャナーがある小さなメニューが開きます。

  • スキャナーを新しい項目に移動すると、レポートのフィルターは別のバーコード値に変わります。
  • フィルターされていないレポートに戻るには、[Clear barcode filter] (バーコード フィルターのクリア) を選択します。
  • レポート フィルターを、現在のセッション内でスキャンしたバーコードのいずれかに変更するには、[Filter by recent barcodes] (最近のバーコードでフィルター) を選択します。

バーコードのスキャンに関する問題

ここでは、製品でバーコードをスキャンするときに表示される可能性があるメッセージについて説明します。

"レポートをフィルター処理できませんでした..."

フィルター対象に選択したレポートは、このバーコード値を含まないデータ モデルに基づいています。 たとえば、レポートに "mineral water" という製品が含まれていません。

レポートのすべてまたは一部のビジュアルに値が含まれていない

スキャンしたバーコード値はモデル内に存在しますが、レポートのすべてまたは一部のビジュアルに、この値が含まれていないため、フィルターから空の状態が返されます。 他のレポート ページを見るか、Power BI デスクトップでレポートを編集してこの値を含めます。

"バーコードでフィルターをかけられるレポートはお持ちでないようです。"

これは、バーコード対応のレポートがないことを示します。 バーコード スキャナーは、[バーコード] とマークされた列があるレポートのみをフィルターできます。

自分またはレポート所有者が Power BI Desktop で列に [バーコード] とタグを付けていることを確認します。 詳細については、Power BI Desktop でバーコード フィールドにタグを付ける方法に関するページを参照してください。

"レポートをフィルター処理できませんでした - このバーコードはレポート データに存在しないようです。"

フィルター対象に選択したレポートは、このバーコード値を含まないデータ モデルに基づいています。 たとえば、レポートに "mineral water" という製品が含まれていません。 別の製品をスキャンする、別のレポートを選択する (複数のレポートを使用できる場合)、またはフィルターされていないレポートを表示することができます。

参照