Surface Hub ではレポートをプレゼンテーション モードで表示し、Windows 10 デバイスではダッシュボード、レポート、タイルを全画面表示モードで表示できます。

全画面表示モードでのレポート

プレゼンテーション モードと全画面表示モードは、会議やカンファレンス、またはオフィスの専用プロジェクターで Power BI を表示する場合やく、小さい画面上の領域を最大化する場合に役立ちます。

Power BI モバイル アプリの全画面表示モードでは、ナビゲーション バーやメニュー バーなどの枠が、レポートのページ タブとフィルター ウィンドウを除いてすべて非表示になります。

Surface Hub のプレゼンテーション モードでレポートを表示すると、さまざまな色のインクでページに書き込みをしたり、レポートのページ間を移動したりできます。

また、Web 上の Power BI サービスから全画面表示モードでダッシュボードとレポートを表示することもできます。

メモ:

プレゼンテーション モードは、タイルのフォーカス モードとは異なります。

ダッシュボード、レポート、タイルを全画面表示モードで表示する

  1. Power BI モバイル アプリのダッシュボード、レポート、タイルで [全画面表示] アイコン [全画面表示] アイコン をタップすると、全画面表示モードに切り替わります。

  2. プレゼンテーション モードで、レポートをフィルター処理したり、その他のダッシュボードやレポートを検索したりすることができます。

    フィルターを設定または解除するには、フィルター ウィンドウを展開します。

    フィルター ウィンドウ

    [検索] アイコン [検索] アイコン をタップすると、他のダッシュ ボードを探すことができます。

    検索結果

  3. 全画面表示モードを終了するには、ツールバーにある内向きの 2 つの矢印の付いたアイコン 全画面表示モードを終了 をタップするか、または上から下にスワイプし、内向きの 2 つの矢印をタップします。 全画面表示モードを終了 .

Surface Hub のプレゼンテーション モードを有効にする

既定では、Surface Hub のプレゼンテーション モードは有効ですが、このモードが無効になっている場合は、有効に戻すことができます。

  1. 左側のナビゲーション バーの下部にある [設定] アイコン [設定] アイコン をタップします。

  2. [オプション] をタップし、[Microsoft Surface Hub プレゼンテーション モードの有効化][オン] にします。

    プレゼンテーション モードを有効にする

Surface Hub でのレポートの表示とレポートへの書き込み

  1. レポートで [全画面表示] アイコン [全画面表示] アイコン をタップして、Surface Hub をプレゼンテーション モードに切り替えます。

    画面の両側に折りたたみ可能な操作バーが表示されます。

    • 操作バーを開くには、内側にスワイプするか、ハンドルをタップします。
    • 操作バーを閉じるには、外側にスワイプするか、上部にある [X] をタップします。
  2. ペンによる書き込みがサポートされているデバイスでは、すぐに書き込みを始めることができます。

  3. インクの色を変更するには、左または右の操作バーでペンをタップします。

    Surface Hub インク

  4. インクを部分的にまたは全部削除するには、消しゴムまたは元に戻す矢印をタップします。

  5. レポートの内容を最新の情報に更新するには、円形の矢印をタップします。

  6. レポート内の他のページに移動するには、横の矢印をタップします。

    他のページへの横向き矢印

  7. 全画面表示モードを終了するには、上から下にスワイプし、内向きの 2 つの矢印 をタップします。

次の手順