1 GB 未満のすべての Excel ブックを Power BI にアップロードできます。 Excel ブックは 2 つの部分で構成されていることがあります。つまり、データ モデルと、レポートの残りの部分 (コアなワークシート コンテンツ) です。 レポートが次のサイズの制限を満たしている場合は、OneDrive for Business に保存して、Power BI からこれに接続し、Excel Online で表示できます。

  • ブック全体のサイズは最大 1 GB まで許容されます。

  • コアなワークシート コンテンツのサイズは最大 10 MB まで許容されます。

コアなワークシート コンテンツが 10 MB を超える原因

コアなワークシート コンテンツが 10 MB を超える原因となり得る要素をいくつか示します。

できれば、これらの要素を削除することをご検討ください。

レポートにデータ モデルがある場合は、その他のいくつかのオプションがあります。

  • Excel ワークシートからデータを削除し、代わりに、データ モデルに格納します。 詳しくは、以下の「ワークシートからデータを削除する」をご覧ください。

  • メモリ効率の高いデータ モデルを作成して、レポート全体のサイズを減らします。

これらの変更のいずれかを行うには、Excel でブックを編集する必要があります。

SharePoint Online での Excel ブックのファイル サイズ制限についての詳しい情報をご覧ください。

ワークシートからデータを削除する

[Power Query] タブまたは [Excel データ] タブから Excel にデータをインポートする場合、ブックは Excel テーブルとデータ モデルで同じデータを持つ場合があります。 Excel ワークシートに大きなテーブルが含まれていると、コアなワークシート コンテンツが 10 MB を超える場合があります。 Excel でテーブルを削除して、データをデータ モデルに保持することで、レポートのコアなワークシート コンテンツを大幅に削減できます。

データを Excel にインポートするときには、次の手順に従います。

  • Power Query で[Load to worksheet] (ワークシートに読み込む) ボックスをクリアします。

    データはデータ モデルにのみインポートされ、Excel ワークシートにデータは入りません。

  • [Excel データ] タブから、以前にインポート ウィザードでテーブルをチェック済みの場合、既存の接続>に移動し、接続をクリックして、>接続のみを作成します。 元のテーブルまたは最初のインポート中に作成されたテーブルを削除します。

  • [Excel データ] タブから[Import Data] (データのインポート) ボックスの [Table] (テーブル) をチェックしないでください。

ブック サイズ オプティマイザー

ブックにデータ モデルが含まれている場合は、ブック サイズ オプティマイザーを実行してブックのサイズを小さくすることができます。 ブック サイズ オプティマイザーをダウンロードする

関連情報

メモリ効率の高いデータ モデルを作成する

Power BI Desktop で OneDrive for Business リンクを使用する