Windows 10 デバイスで Cortana を使って、ビジネスの重要な質問に対する回答を瞬時に取得できます。 Power BI と統合することにより、Cortana は Power BI のデータセットとレポートから重要な情報を直接取得できます。 Cortana でデータの視覚化と対話したり、Power BI で回答を開いてさらに調査したりできます。 必要なものは、Windows 10 の 2015 年 11 月以降のバージョン、Cortana、Power BI、および少なくとも 1 つの Cortana 対応のデータセットだけです。

この一連の記事では、以下の手順を説明します。

記事 1 (この記事): Cortana と Power BI を連携させる方法を理解します

記事 2: Cortana、Power BI、Windows の統合を有効にします

記事 3: 特別な Cortana 回答カード を作成します

記事 4: 問題をトラブルシューティングします

Cortana と Power BI が連携するしくみ

Cortana を使って質問するとき、Cortana が回答を探す場所の 1 つとして Power BI を使うことができます。 Power BI と連携することで、Cortana は、Cortana 回答カード と呼ばれる特殊な種類のレポート ページを含む Power BI レポートから、豊富なデータに基づく回答を見つけることができます。

回答カードは、Cortana による表示専用に設計されています。 回答カードの 1 つのタイトル (またはキーワード) を使って Cortana に質問すると、Cortana が回答を表示します。Power BI に移動する必要はありません。 回答カードは Cortana の画面に直接表示されます。

Cortana で質問したときの Power BI による回答の範囲は、単純な数値 ("前四半期の収益") から、グラフ ("チーム別の営業案件の数")、地図 ("カリフォルニアの都市別の平均顧客消費")、さらには Power BI の完全なレポートにまでおよび、すべては Cortana から直接提供されます。 可能性のある回答は、質問への回答に役立つように Power BI で既に作成されている Cortana 回答カード から、Cortana によってその場で直接決定されます。 Power BI で結果を開くだけで、回答をさらに調査できます。

メモ:

Cortana が Power BI のデータセットとレポートで回答を見つけられるためには、その前に Power BI サービスを使ってこの機能を有効にし、Power BI と通信するように Windows を設定する必要があります。

Cortana を使って Power BI から回答を取得する

  1. タスク バーで Cortana アイコンを選び、検索ボックスをクリックします。

  2. Cortana の検索バーに質問を入力します。 Cortana が得られた結果を表示します。 質問に一致する Power BI 回答カードがある場合は、[Best Match] (ベスト マッチ) または [Power BI] の下に表示されます。 この例では、回答カードの作成に使った .pbix ファイル (およびバックアップ) も、[ドキュメント] の下に表示されています。

  3. それ以外の場合は、[Cortana stores] (Cortana ストア) 回答カード を選んで、Cortana ウィンドウに表示します。

    回答カード はデータセットの所有者によって作成された特殊な種類の Power BI レポート ページです。 詳しくは、Cortana 回答カードの作成に関するページをご覧ください。

Cortana の中で回答カードを操作する

表示するだけではなく、 Power BI の場合と同様に回答カードの視覚化を操作することもできます。

  • たとえば、視覚化の要素を選んでクロス フィルター処理を行い、回答カードの他の視覚化を強調表示することができます。

  • または、代わりに自然言語を使って結果をフィルター処理できます。 たとえば、「Lindseys の Cortana ストア」と質問すると、Lindseys チェーンのデータのみを表示するようにフィルター処理されたカードが表示されます。

  • 調査を続けます。 Cortana ウィンドウの下部までスクロールし、[Power BI で開く] を選びます。

    レポート全体が Power BI サービスで開きます。

Cortana カードを作成する

データセットの所有者は、Power BI サービスまたは Power BI Desktop で特別な Cortana レポートの 回答カード を作成することができます。 回答カードは、最も一般的な質問に回答するように設計する必要があります。

考慮事項と制限事項

  • Cortana は、Power BI 対応になっていない Cortana カードにはアクセスできません。

  • まだ Power BI で Cortana を使うことができない場合は、 「Cortana troubleshooter」 (Power BI 用 Cortana のトラブルシューティング) を試してください。

  • 現時点では、Power BI 用の Cortana は英語のみで利用できます。

  • 現在のところ、Cortana はモバイル デバイスでは利用できません。

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください