タイルを全画面モードで表示するには、その前にタイルをフォーカス モードにする必要があります。

全画面表示モードの概要

メニューやナビゲーション ボタンを表示せずに、ダッシュボード、レポート、タイルを表示します。 いつでもひと目でビジネスの全体図のみを把握できます。 このモードはテレビ モードとも呼ばれます。

全画面表示モードの使用例:

  • 会議やカンファレンスでタイルを表示する
  • オフィスの専用の大型画面やプロジェクターにタイルを表示する
  • 小さい画面でタイルを見る
  • ロック モードでタイルを表示する -- 画面をタッチしたり、マウスでタイルをポイントしたりしても元のレポートが開きません

全画面モードをオン (またはオフ) にする方法

  1. タイルをポップアウトしてフォーカス モードで表示します。

    キャンバスにタイルが表示され、詳細を確認できます。 ダッシュボード タイル用のフォーカス モードでは、このビジュアルを作成したときに適用したフィルターを表示および変更できます。

  2. 上部のメニュー バーから、このアイコン を選択してタイルを全画面表示モードで表示します。

  3. 全画面モードでは、メニューとナビゲーション ボタンが表示されず、画面全体にタイルが表示されます。 いつでもひと目でタイルの全体図のみを把握できます。 このモードはテレビ モードとも呼ばれます。

  4. マウスを動かすと、メニューが表示されます。 全画面表示モードを終了するまで、メニューは右下隅に表示され続けます。 消えた場合は、カーソルを動かすか画面をタップするだけで再び表示されます。

    • 前のページに移動するには、ブラウザーの [戻る] ボタンをクリックします。 前のページが Power BI サービス ページの場合は、全画面表示モードで表示されます。 全画面表示モードは、全画面表示を閉じるまで保持されます。
    • 全画面表示モードからタイルを印刷するには、[印刷] アイコンを選択します。
    • 全画面表示モードを終了するには、[全画面表示を閉じる] アイコン を選択します。

次の手順

Power BI のダッシュボード

全画面モードでダッシュボードとレポートを表示する

Power BI のフォーカス モード

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください