この記事では、Power BI でプロセスとして共同作業および共有を行う場合について説明します。 同僚と共同作業を行って有意義なレポートとダッシュボードを作成する場合は、まず、作成したものを*グループ ワークスペース*に保存します。

Power BI サービスのグループ ワークスペース

準備ができたレポートとダッシュボードに他のユーザーがアクセスできるようにするには、いくつかの方法があります。 例:

  • Power BI サービス、または Power BI モバイル アプリのいずれかから、*共有*することができます。
  • *組織のコンテンツ パック*にバンドルして、大規模なグループ、または組織全体に公開することができます。
  • 誰でも対話操作できる Web に公開することもできます。

この記事では、これらを含めたいくつかの方法を比較します。

メモ:

ほとんどの場合、共同作業と共有を行うユーザーがダッシュボードとレポートを表示するには、Power BI Free または Pro のライセンスが必要です。

グループ ワークスペースでダッシュボードとレポートを共同作業する

チーム メンバーと共同で、ダッシュボードとレポートを同時に作成して編集するとしましょう。 その場合、チーム メンバーをメンバーとした、*グループ ワークスペース*が必要です。 グループ ワークスペースは、自分とチーム メンバーが Power BI のダッシュボードとレポートを共同作業できる場所と考えてください。 全員が Power BI Desktop でレポートを作成して、グループ ワークスペースにそのレポートを公開することができます。 Power BI のグループ ワークスペースは、Office 365 グループに構築されるため、Excel ブックやその他のファイルもワークスペースに保存することができます。 グループのすべてのメンバーに同じアクセス許可を与えることも、一部のメンバーには読み取り専用のアクセス許可のみを与えることもできます。

完成したダッシュボードを同僚と共有したいだけの場合は、同僚をグループ ワークスペースに追加しないでください。

代わりに、同僚とダッシュボードを共有するか、または組織のコンテンツ パックを作成して発行します。 Power BI グループのワークスペースにセキュリティ グループを追加することはできません。結果として、個々のユーザーを管理する必要があります。 その代わり、ダッシュボードを共有するか、組織のコンテンツ パックを作成することにより、Active Directory セキュリティ グループ、または組織全体への配布が可能になります。

Power BI グループ ワークスペース内のすべてのユーザーに、Power BI Pro のライセンスが必要となります。 Power BI のグループ ワークスペースについて、詳細を確認してください。

他のユーザーとダッシュボードを共有する

個人用ワークスペース、またはグループ ワークスペースでダッシュ ボードの作成が完了し、他のユーザーにアクセス許可を与える場合を考えてみましょう。 アクセス許可を与える方法の 1 つが、*共有*することです。 Power BI では共有は特定の意味を持ちます。

同僚とダッシュボードを共有した場合、共有された相手はダッシュボードの表示と対話操作を実行できますが、ダッシュボードを編集することはできません。 行レベルのセキュリティ (RLS) が内部のデータセットに適用されない限り、自分のダッシュボードおよびレポートに表示されるものと同じデータが同僚にも表示されます。 許可を与えた場合、共有相手の同僚はダッシュボードを他の同僚と共有できます。

Active Directory セキュリティ グループまたは自分の組織全体とダッシュボードを共有でき、組織外のユーザーとも共有できます。 組織外のユーザーは、ダッシュボードを表示し、対話操作を行うことはできますが、共有することはできません。 Power BI サービスからのダッシュ ボードの共有について、詳細を確認してください。

任意の Power BI モバイル アプリからダッシュボードを共有することもできます。

グループ ワークスペース外の同僚とダッシュボードを共有する

Power BI のグループ ワークスペースに属している場合は、グループのダッシュボードをグループ外の同僚と共有できます。 これは、同僚とダッシュボードを共有した場合と同様です。

組織のコンテンツ パックを作成して発行する

Power BI のインサイトを同僚に配布するもう 1 つの方法が、*組織のコンテンツ パック*を作成することです。 個人のワークスペースまたはグループ ワークスペースのどちらかで、レポートとデータセットを使ってダッシュボードを作成し、定義しておきます。 これらをコンテンツ パックとして一緒にバンドルし、Active Directory セキュリティ グループまたは配布リストのメンバーか、組織全体に配布します。

同僚が組織のコンテンツ パック ライブラリにアクセスすると、コンテンツ パックとともに、配布されているその他の要素も表示されます。 組織のコンテンツ パックについて詳しくはこちら

Power BI モバイル アプリから注釈を付けて共有する

iOS および Android デバイス用 Power BI モバイル アプリでは、タイル、レポート、またはビジュアルに注釈を付けて、電子メール経由で他のユーザーと共有できます。

タイル、レポート、ビジュアルのスナップショットが共有され、受信者にはメールで送信したものと同じ内容が表示されます。 このメールにはダッシュボードまたはレポートへのリンクも含まれており、これらがすでに共有されている場合は開くことができます。 同じメール ドメインの仕事仲間だけでなく、すべてのユーザーにタイルのスナップショットを送信できます。

iOS および Android モバイル アプリからの、タイル、レポート、およびビジュアルの共有および注釈付けの詳細を確認してください。

Windows 10 デバイス用 Power BI アプリから、タイルのスナップショットを共有することもできます。

Web への公開

ブログの投稿、Web サイト、ソーシャル メディア、およびその他オンライン通信に対話的な視覚エフェクトを埋め込むことで、Power BI レポートをインターネット全体に公開することができます。 インターネット上のすべてのユーザーがレポートを表示できるため、公開した内容を閲覧できるユーザーは制御できません。 ユーザーに Power BI ライセンスは必要ありません。 Web への公開は、自分で編集可能な個人用ワークスペースにあるレポートで利用できます。 他のユーザーから共有されたレポートを Web に公開することはできません。 Web への公開について詳しくはこちら

PDF または他の静的ファイルとして印刷または保存する

Power BI サービスからダッシュボード全体、ダッシュボードのタイル、レポート ページ、または視覚エフェクトを PDF (または他の静的ファイル形式) として印刷または保存することができます。 レポートは、一度に 1 ページのみを印刷できます。レポート全体を一度に印刷することはできません。 詳しくは、「Power BI からの印刷」をご覧ください。

共同作業と共有のオプションについてまとめた表

実行内容に応じた共有および共同作業の動作方法をまとめました。 詳細については後から説明します。

実行内容:
他のユーザー: グループ内でのダッシュボードの作成 ダッシュボードの共有 コンテンツ パックの公開 Web への公開 タイルのスナップショットの共有 PDF の保存
表示と対話ができる グループ メンバー、はい はい はい はい 表示できるが、対話はできない 表示できるが、対話はできない
元のファイルを編集できる グループ メンバー、はい いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
自分のコピーを作成できる グループ メンバー、はい いいえ はい いいえ はい はい
他のユーザーと共有できる グループ メンバー、はい 同僚とは「はい」 その他のユーザーとは「いいえ」 いいえ いいえ はい はい
Power BI ライセンスが必要 Pro 無料版または Pro Pro なし なし なし

参照