読み取りビュー

読み取りビューは編集ビューほどインタラクティブではありませんが、それでもデータを探索する多くのオプションがあります。 共有されたレポートは読み取りビューでのみ開くことができるため、それらを表示するときに便利です。

読み取りビューでは、ページ上のビジュアルをクロス強調表示およびクロスフィルター処理できます。 あるビジュアルで値を強調表示または選択するだけで、他のビジュアルに与える影響がすぐに表示されます。 フィルター ペインを使用して、レポート ページにフィルターを追加、フィルターを変更、または視覚エフェクトでの値の並べ替え方法を変更します。 読み取りビューを使用すると、データを楽しく安全に再生し、データをよく理解することができます

ページで関連する視覚エフェクトをクロス強調表示する

同じ 1 つのレポート ページにある視覚化は、相互に「つながって」います。 つまり、1 つの視覚化で 1 つ以上の値を選択すると、同じ値を使う他の視覚化がその選択内容に基づいて変更されます。

メモ:

1 つの視覚化で複数の要素を選択するには、Ctrl キーを押したまま選択します。

視覚要素の上にポインターを置くと、詳細情報が表示されます。

視覚化のデータの並べ替え

省略記号 (...) を選んで [並べ替え] メニューを開きます。 ドロップダウン矢印を選択して並べ替えの基準となるフィールドを選ぶか、AZ アイコンを選択して昇順/降順を切り替えます。

フィルターとの対話

レポート作成者がレポートのページにフィルターを追加してある場合、ユーザーは読み取りビューでこれらのフィルターと対話することができます。 変更はレポートには保存されません。

  1. 右上隅にあるフィルター アイコンを選択します。

  2. 選択したビジュアルに適用されているフィルター (ビジュアル レベル フィルター)、レポート ページ全体に適用されているフィルター (ページ レベル フィルター)、レポート全体に適用されているフィルター (レポート レベル フィルター) がすべて表示されます。

  3. フィルターにポインターを置き、下矢印を選択して展開します。

  4. フィルターを変更し、ビジュアルがどのように影響を受けるかを確認します。

    • チェックマークを付け替えて、[Lindseys] ではなく [Fashions Direct] でフィルターします。

    • または、消しゴム アイコン を選択するか、[Fashions Direct] ボックスにチェックマークを追加することによって、[Chain] に対するフィルターを完全に削除します。

    • [District] ページ レベル フィルターを選択し、[高度なフィルター処理] に切り替えます。 FD で始まり、数字 4 を含まない地区だけを表示するようにフィルターします。

個々のビジュアルにズームイン

ビジュアルをポイントし、[フォーカス モード] アイコン を選択します。 フォーカス モードで視覚エフェクトを表示すると、レポート キャンバス全体を埋めるよう拡大されます。

詳しくは、「レポートにフィルターを追加する」および「レポートのフィルターと強調表示について」をご覧ください。

表示サイズを調整する

レポートは、さまざまなデバイスで表示され、その画面サイズや縦横比も異なります。 既定のレンダリングでは、ご使用のデバイスの表示サイズに合わない場合があります。 調整するには、[ビュー] を選択し、次のどれかを選びます。

  • ページに合わせる: コンテンツをページに合うように拡大縮小します
  • 幅に合わせる: コンテンツをページの幅に合わせて拡大縮小します
  • 実際のサイズ: フル サイズでコンテンツを表示します

読み取りビューで選択した表示オプションの効果は一時的なので、レポートを閉じると保持されません。

詳細: レポートの表示設定を変更するチュートリアル

参照

Power BI のレポート

Power BI レポートのフィルターと強調表示について

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください