メモ:

新しい*アプリ*のことは、もうご存知でしょうか。 アプリは、Power BI で多数の対象ユーザーにコンテンツを配布する新しい方法です。 アプリは*アプリ ワークスペース*で作成します。アプリ ワークスペースはグループとグループ ワークスペースに置き換わるものです。 組織のコンテンツ パックや読み取り専用ワークスペースの代わりにアプリを使用することをお勧めします。 アプリの詳細については、こちらを参照してください。

Power BI または Office 365 でのアプリ ワークスペースの作成者または管理者として、Power BI でワークスペースの一部の側面を管理します。 その他の側面は、Office 365 で管理します。

Power BI では、次のことができます。

  • アプリ ワークスペース メンバーを追加または削除します (ワークスペース メンバーを管理者にすることもできます)。
  • アプリ ワークスペース名を編集します。
  • アプリ ワークスペースを削除します。

Office 365 では、次のことができます。

  • アプリ ワークスペースのグループ メンバーを追加または削除します (メンバーを管理者にする操作も含まれます)。
  • グループ名、画像、説明、およびその他の設定を編集します。
  • グループの電子メール アドレスを参照します。
  • グループを削除します。
メモ:

アプリ ワークスペースの管理者またはメンバーになるには、Power BI Pro ライセンスが必要です。 アプリ ワークスペースが Power BI Premium 容量にない場合は、アプリ ユーザーにも Power BI Pro ライセンスが必要です。 ビジネス ユーザーは、代わりに Power BI 無料ライセンスを使用して、アプリにアクセスできます。 詳しくは、Power BI Premium に関するページをご覧ください。

Power BI でアプリ ワークスペースを編集する

  1. Power BI サービスで、[ワークスペース] の横にある矢印を選択し、目的のワークスペース名の横にある省略記号 () を選択して、[ワークスペースの編集] を選択します。

    メモ:

    アプリ ワークスペース管理者の場合は、[Edit workspace (ワークスペースの編集)] のみが表示されます。

  2. ここでは、メンバーの名前を変更したり、メンバーを追加または削除したり、アプリ ワークスペースを削除したりできます。

  3. [保存] または [キャンセル]を選びます。

Office 365 で Power BI アプリ ワークスペースのプロパティを編集する

  1. Power BI サービスで、[ワークスペース] の横にある矢印を選択し、目的のワークスペース名の横にある省略記号 () を選択して、[メンバー] を選択します。

    サインインすると、アプリ ワークスペースの Outlook for Office 365 グループ ビューが開きます。

    会社のアカウントにサインインする必要があります。

  2. メンバーの名前の横にある省略記号 ([...]) をタップして、メンバーを管理者にしたり、メンバーをアプリ ワークスペースから削除したりできます。

イメージを追加して Office 365 グループでその他のワークスペースのプロパティを設定する

アプリ ワークスペースからアプリを配布するときに、ここで追加したイメージは、アプリのイメージになります。 「Power BI でのアプリの作成および配布」の「アプリに画像を追加する」を参照してください。

  1. アプリ ワークスペースの Outlook for Office 365 ビューで、グループ ワークスペース プロパティを編集するグループ イメージを選択します。

  2. ここで名前、説明、言語を編集し、イメージを追加し、その他のプロパティを設定できます。

  3. [保存] または [破棄]を選択します。

次の手順