組織のコンテンツ パックが発行されると、すべての受信者は同じダッシュボード、レポート、Excel ブック、データセット、データ (SQL Server Analysis Services (SSAS) データ ソースを除く) を参照します。 コンテンツ パックは、作成者のみが編集および再発行することができます。 ただし、すべての受信者は、コンテンツ パックのコピーを保存し、オリジナルと共に保持できます。

コンテンツ パックの作成は、ダッシュ ボードを共有すること、またはグループ内でダッシュボードで共同作業を行うこととは異なります。 状況に応じた最適なオプションを決定するには、「How should I collaborate on and share dashboards and reports?」(ダッシュボードとレポートで共同作業と共有を行う方法) を参照してください。

組織のコンテンツ パックのコピーを作成する

他のユーザーは見ることができない、コンテンツ パックの自分専用のコピーを作成します。

  1. コンテンツ パック ダッシュボードの横にある省略記号 ([...]) を選択し、[コピーの作成] を選択します。

  2. [保存] を選択します。

これで、変更可能なコピーができました。 他のユーザーが変更を確認することはありません。

大変です。 コンテンツ パックにアクセスできなくなりました。

これは、いくつかの理由で発生します。

  • メンバーシップの変更: コンテンツ パックはメールの配布グループ、セキュリティ グループ、Office 365 に基づく Power BI グループに対して発行されます。 ユーザーがグループから削除されると、以降はコンテンツ パックにアクセスできません。

  • 配布の変更: コンテンツ パックの作成者が配布を変更します。 たとえば、元々組織全体に発行されていたコンテンツ パックを、作成者が少数の対象ユーザーに再発行し、その対象からユーザーが除外された場合などです。

  • セキュリティ設定の変更: ダッシュボードとレポートがオンプレミスの SSAS のデータ ソースに接続している場合に、セキュリティの設定を変更すると、そのサーバーへのアクセス許可が取り消される可能性があります。

組織のコンテンツ パックの更新方法

コンテンツ パックの作成時には、更新設定がデータセットと一緒に継承されます。 コンテンツ パックのコピーを作成しても、新しいバージョンでは、元のデータセットへのリンクおよびその更新スケジュールが保持されます。

組織のコンテンツ パックを管理、更新、削除する」を参照してください。

参照