レポートからタイルをピン留め

新しいダッシュボード タイルを追加する方法の 1 つは、Power BI レポートから追加することです。 実際、レポートから多数の新しいタイルを追加できます。 各タイルは、クリックするとレポートに戻るリンクです。

レポート ページ全体をダッシュボードにピン留めできます。 これは、 ライブ タイルのピン留めとも呼ばれています。 ダッシュボードでタイルと対話でき、個々の視覚化タイルとは異なり、レポートに加えられる変更はダッシュボードと同期されているため、*ライブ*と呼ばれます。 詳しくは以下をご覧ください。

注: 共有されたレポートからのタイルや、Power BI Desktop からのタイルをピン留めすることはできません。

レポートからタイルをピン留めする

Amanda が Power BI レポートからビジュアルとイメージを固定することでダッシュ ボードを作成している様子をご覧ください。

それでは、Power BI サンプル レポートの 1 つを使用して、独自のダッシュ ボードを作成していきましょう。

  1. ピン留めする視覚化にポインターを合わせ、ピン アイコンを選びます。 Power BI で [ダッシュボードにピン留め] 画面が開きます。

  2. 既存のダッシュボードと新規のダッシュボードのどちらにピン留めするかを決定します。

    • 既存のダッシュボード: ドロップダウンから、ダッシュボードの名前を選びます。 共有してもらったダッシュボードはドロップダウンに表示されません。
    • 新しいダッシュボード: 新しいダッシュボードの名前を入力します。
  3. 場合によっては、ピン留めする項目には既に テーマ が適用されている場合があります。 たとえば、Excel ブックからピン留めされたビジュアルの場合です。 その場合、タイルに適用するテーマを選びます。

  4. [Pin](ピン留め) を選択します。

    右上隅の近くに成功メッセージが表示されたら、視覚エフェクトがダッシュボードにタイルとして追加されたことがわかります。

  5. ナビゲーション ウィンドウから、新しいタイルを持つダッシュボードを選びます。 タイルを選んで、レポートに戻ります。 または、タイルの表示と動作を編集します。

レポート ページ全体をピン留めする

別のオプションとして、レポート ページ全体をダッシュボードにピン留めすることもできます。 これは、複数の視覚化を一度にピン留めする簡単な方法です。 さらに、ページ全体をピン留めする場合、タイルは *ライブ*であり、ダッシュボードで直接それらのタイルと対話できます。 レポート エディターで視覚化に加えるすべての変更 (フィルターの追加、またはチャートで使用されるフィールドの変更など) は、ダッシュボード タイルにも反映されます。

詳細については、「レポート ページ全体をピン留めする」をご覧ください。

参照

Power BI のダッシュボード

Power BI のダッシュボードのタイル

Power BI のレポート

Power BI でのデータの更新

Power BI - 基本的な概念

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください