Power BI で QR コードを使用すると、実世界の任意のものを、関連する BI 情報に直接接続することができます。ナビゲーションや検索の必要がなくなります。

Power BI サービスでは、編集可能なすべてのレポートについて QR コードを作成できます。 その後、必要な場所にその QR コードを配置します。 たとえば、メールに貼り付けたり、印刷して特定の場所に貼り付けたりできます。

レポートを共有している仕事仲間は、レポートにアクセスするため QR コードをモバイル デバイスから直接スキャンできます。 Power BI アプリに付属の QR コード スキャナーを使用しても、それらのデバイスにインストールされているその他の QR スキャナーを使用しても構いません。

Power BI サービスのレポートに QR コードを追加する

  1. Power BI サービスで、レポートを開きます。

  2. レポートの左上隅の [レポートの編集] を選びます。

    ヒント: [レポートの編集] が表示されない場合は、レポートに対する編集権限がないため、QR コードを作成することはできません。 レポートのアクセス許可の所有者にお問い合わせください。

  3. 右上隅にある省略記号 (...) を選び、 [QR コードの生成]を選びます。

  4. QR コードを含むダイアログ ボックスが表示されます。

  5. この画面から QR コードをスキャンするか、ダウンロードして保存すると、次のことを行えます。

    • メールやその他のドキュメントに QR コードを追加する。
    • QR コードを印刷して、特定の場所に配置する。

QR コードを印刷する

Power BI は QR コードを JPG ファイルとして生成するので、印刷に対応できます。

  1. [ダウンロード] を選択し、プリンターに接続されているコンピューターで JPG ファイルを開きます。

    ヒント: JPG ファイルの名前はタイルと同じです。 例: 売上およびマーケティングのサンプル.jpg。

  2. ファイルを 100% または「実際のサイズ (原寸大)」で印刷します。

  3. 縁に沿って QR コードを切り取り、そのレポートに関連する場所に貼り付けます。

参照