"共有" は、自分のダッシュボードおよびレポートに他のユーザーがアクセスできるようにするのによい方法です。 Power BI には、レポートを使って共同作業を行ったりレポートを配布したりする方法が複数用意されており、共有はその 1 つにすぎません。

共有する際、共有元と共有先の双方に Power BI Pro ライセンスが必要です。または、コンテンツを Premium 容量に格納する必要があります。 Power BI チームへのご提案は、 Power BI コミュニティ サイトでフィードバックをお送りください。

共有元のユーザーは、自分のマイ ワークスペースまたはアプリ ワークスペースから、自分と同じメール ドメインの同僚とレポートを共有できます。 同僚とレポートを共有した場合、共有先のユーザーはレポートを表示して操作することはできますが、レポートを編集することはできません。 行レベル セキュリティ (RLS) が適用されていない限り、自分のレポートに表示されるものと同じデータが同僚にも表示されます。

Power BI レポートを共有する

  1. 共有するレポートにリンクしているタイルを含むダッシュボードを共有します。

    レポートだけを共有したい場合でも、最初に、レポートにリンクするダッシュボードを共有する必要があります。 ダッシュボードを共有されたユーザーは、基になるレポートを表示するアクセス許可を持つようになります。 ダッシュボードを共有するときに、共有先のユーザーにメールを送信する必要はありません。

  2. レポート ページの URL をコピーし、同僚に送信します。

    同僚がリンクを選ぶと、Power BI で読み取り専用バージョンのレポートが開きます。

フィルター処理されたバージョンのレポートを共有する

フィルター処理されたバージョンのレポートを共有したい場合は、どうすればよいでしょうか。 たとえば、特定の都市や販売員、または特定の年のデータだけを表示するレポートを共有したい場合があります。 そのような場合はカスタム URL を作成します。

  1. 編集ビューでレポートを開き、フィルターを適用して、レポートを保存します。

    この例では、小売の分析のサンプルをフィルター処理して、TerritoryNC の値のみを表示します。

    [レポート フィルター] ウィンドウ

  2. レポート ページの URL の末尾に以下を追加します:

    ?filter=tablename/fieldname eq value

    フィールドは string 型である必要があり、tablename または fieldname にスペースを含めることはできません。

    この例では、テーブルの名前が Store、フィールドの名前が Territory、フィルター処理の対象の値が NC です。

    ?filter=Store/Territory eq NC

    フィルター処理されたレポートの URL

    スラッシュとスペースを正しく表すために、ブラウザーによって特殊文字が追加されるため、最終的に次のようになります。

    app.powerbi.com/groups/me/reports/010ae9ad-a9ab-4904-a7a1-10a61f70f2f5/ReportSection2?filter=Store%252FTerritory%20eq%20NC

  3. この URL を同僚に送信します。

    同僚がリンクを選ぶと、Power BI で読み取り専用バージョンのフィルター処理されたレポートが開きます。

次の手順