"共有" は、自分のダッシュボードおよびレポートに他のユーザーがアクセスできるようにするのによい方法です。 Power BI では、複数の方法でダッシュボードで共同作業を行い、ダッシュボードを配布できますが、共有はその 1 つにすぎません。

ダッシュボードの一覧での共有アイコン

共有を行うには、コンテンツの共有先が組織内でも組織外でも、共有元と共有先の両方に Power BI Pro ライセンスが必要です。または、コンテンツを Premium 容量に格納する必要があります。 Power BI チームへのご提案は、 Power BI コミュニティ サイトでフィードバックをお送りください。

ダッシュボードは、独自のマイ ワークスペースまたはアプリ ワークスペースで共有することができます。 同僚とダッシュボードを共有した場合、共有された相手はダッシュボードの表示と対話操作を実行できますが、ダッシュボードを編集することはできません。 行レベル セキュリティ (RLS) を適用しない限り、自分のダッシュボードおよびレポートに表示されるものと同じデータが同僚にも表示されます。 共有元のユーザーが許可した場合、共有先のユーザーはダッシュボードを同僚と共有できます。 組織外のユーザーも、ダッシュボードの表示と対話操作を実行できますが、他のユーザーと共有することはできません。

任意の Power BI モバイル アプリからダッシュボードを共有することもできます。 ダッシュボードの共有は、Power BI Desktop からではなく、Power BI サービスおよび Power BI モバイル アプリから行うことができます。

ビデオ: ダッシュボードの共有

Amanda が社内および社外の同僚とダッシュボードを共有するところをご覧ください。 その後、ビデオで説明されている手順に従って、ご自分でやってみてください。

ダッシュボードの共有

  1. マイ ワークスペースまたはアプリ ワークスペースで、ダッシュボードを開き、[共有] 共有アイコン を選びます。

  2. 上部のボックスに、個々のユーザーの完全なメール アドレス、配布グループ、またはセキュリティ グループを入力します。 動的配布リストと共有することはできません。

    アドレスが組織外のユーザーとも共有できますが、警告が表示されます。

    外部共有に関する警告

  3. 必要な場合はメッセージを追加します。 これはオプションです。

  4. 同僚が他のユーザーとダッシュボードを再共有できるようにするには、[受信者がダッシュボードを共有できるようにする] をオンにします。

    他のユーザーに共有を許可することを "再共有" と呼びます。 共有を許可すると、そのユーザーは Power BI サービスやモバイル アプリから再共有したり、組織内の他のユーザーにメール招待状を転送したりできます。 招待状は 1 か月後に期限が切れます。 組織外のユーザーは、再共有を行えません。 ダッシュボードの所有者は、再共有を無効にしたり、個別に再共有を取り消したりできます。後の「ダッシュボードの共有または他のユーザーによる再共有を停止する」をご覧ください。

  5. [共有] を選択します。

    [共有] ボタンを選ぶ

    Power BI によって、共有するダッシュボードへのリンクを含む招待の電子メールが、グループではなく個人宛てに送信されます。成功通知が表示されます。

    組織内の受信者がリンクをクリックすると、Power BI はダッシュボードをそのユーザーの [自分と共有] リスト ページに追加します。 自分の名前を選択すると、共有したすべてのダッシュボードが表示されます。

    [自分と共有] リスト ページ

    組織外の受信者がリンクをクリックすると、ダッシュボードは表示されますが、通常の Power BI ポータルではありません。 詳しくは、後の「組織外のユーザーとダッシュボードを共有する」をご覧ください。

自分が共有したダッシュボードにアクセスできるユーザー

場合によっては、自分がダッシュボードを共有している相手や、その相手がダッシュボードを再共有しているユーザーを確認する必要があります。

  1. ダッシュボードの一覧またはダッシュボード自体で、[共有] 共有アイコン を選びます。
  2. [ダッシュボードの共有] ダイアログ ボックスで、[アクセス] を選びます。

    [ダッシュボードの共有] ダイアログ ボックスの [アクセス] タブ

    組織外のユーザーは、 [ゲスト]として一覧に含められます。

ダッシュボードの共有または他のユーザーによる再共有を停止する

再共有をオンおよびオフにできるのは、ダッシュボードの所有者のみです。

共有の招待をまだ送信していない場合

  • 招待を送信する前に、招待の下部にある [受信者がダッシュボードを共有できるようにする] チェック ボックスをオフにします。

ダッシュボードを既に共有している場合

  1. ダッシュボードの一覧またはダッシュボード自体で、[共有] 共有アイコン を選びます。
  2. [ダッシュボードの共有] ダイアログ ボックスで、[アクセス] を選びます。

    [ダッシュボードの共有] ダイアログ ボックスの [アクセス] タブ

  3. [読み取りと共有し直し] の横にある省略記号 [...] をクリックして、以下を選択します。

    [読み取りと共有し直し] の省略記号

    • そのユーザーが他のユーザーと共有できないようにするには、[読み取り] を選びます。
    • そのユーザーがダッシュボードをまったく表示できないようにするには、[アクセスの削除] を選びます。

組織外のユーザーとダッシュボードを共有する

組織外のユーザーと共有すると、共有相手は共有ダッシュボードへのリンクを含むメールを受け取ります。そのユーザーがダッシュボードを表示するには、Power BI にサインインする必要があります。 Power BI ライセンスがない共有相手は、リンクをクリックした後でサインアップできます。

サインインした後は、通常の Power BI ポータルではなく、左側にナビゲーション ウィンドウのない専用のブラウザー ウィンドウに共有ダッシュボードが表示されます。 共有相手がこのダッシュボードを後でアクセスできるようにするには、リンクにブックマークを設定する必要があります。

共有相手は、このダッシュボードまたはレポートのコンテンツを編集できません。 レポート内のグラフとの対話 (クロス強調表示) や、ダッシュボードに接続されたレポートで使用できるフィルターやスライサーの変更は可能ですが、その変更を保存することはできません。

共有ダッシュボードを表示できるのは、直接の共有相手だけです。 たとえば、Vicki@contoso.com にメールを送信した場合、ダッシュボードを見ることができるのは Vicki だけです。 他のユーザーは、たとえリンクを受け取っても、ダッシュボードを表示できません。また、Vicki は、同じ電子メール アドレスを使ってダッシュボードにアクセスする必要があります。 他の電子メール アドレスでサインアップした場合は、ダッシュボードにアクセスできません。

オンプレミスの Analysis Services の表形式モデルでロール レベルまたは行レベルのセキュリティが実装されている場合、組織外のユーザーはデータを何も表示できません。

Power BI モバイル アプリから組織外のユーザーにリンクを送信した場合、ユーザーがリンクをクリックすると、ダッシュボードは Power BI モバイル アプリではなくブラウザーで開きます。

制限事項と考慮事項

ダッシュボードの共有について留意すべき事項:

  • 一般に、自分と仕事仲間はダッシュボード内の同じデータを表示することになります。 そのため、自分の方がより多くのデータを表示できるアクセス許可を持っている場合、相手はこちらのダッシュボードのすべてのデータを表示できることになります。 ただし、ダッシュボードの基礎になるデータセットに行レベル セキュリティ (RLS) が適用されている場合は、各ユーザーの資格情報を使用して各々がアクセスできるデータが決定されます。

  • ダッシュボードのすべての共有相手は、読み取りビューであなたのダッシュボードを表示し、レポートを操作できます。 同僚はレポートを作成したり、既存のレポートへの変更を保存したりすることはできません。

  • どの共有相手も、データセットの表示やダウンロードは行えません。

  • ダッシュボード データの更新はだれでも手動で行えます。

  • 電子メールに Office 365 を使用している場合は、配布グループに関連付けられた電子メール アドレスを入力することにより、配布グループのメンバーと共有できます。

  • 自分と同じ電子メール ドメインに属している同僚と、ドメインが異なっていても同じテナントに登録されている同僚は、ダッシュボードを他のユーザーと共有できます。 たとえば、ドメイン contoso.com と contoso2.com が同じテナント内に登録されているとします。 自分の電子メール アドレスが konrads@contoso.com の場合、ravali@contoso.com と gustav@contoso2.com は、共有のアクセス許可が付与されていれば、共有が可能です。

  • 同僚が既に特定のダッシュボードへのアクセスが可能な場合、自分がそのダッシュボードにいるときの URL をそのままコピーして、ダッシュボードへの直接リンクを送信できます。 例:

    https://powerbi.com/dashboards/g12466b5-a452-4e55-8634-xxxxxxxxxxxx

  • 同様に、同僚が特定のダッシュボードに既にアクセスできる場合は、基になるレポートへの直接リンクを送信することができます。

次の手順