最も重要なダッシュボードとレポートを簡単に最新の状態に維持できます。 最も重要なレポート ページとダッシュボードを購読すると、Power BI はスナップショットを電子メールでユーザーの受信トレイに送信します。 メールの受信頻度は日に 1 回から週に 1 回の範囲で選択できます。

メモ:

サブスクリプションは、Power BI サービスでのみ作成できます。 受信したメールには、[レポートに移動]/[ダッシュボードに移動] リンクが含まれます。 Power BI アプリがインストールされたモバイル デバイスでこのリンクを選ぶと、アプリが起動します (Power BI Web サイトでレポートまたはダッシュボードを開く既定の操作とは異なります)。

レポート用にメール サブスクリプションを設定するところをご覧ください。 その後、ビデオで説明されている手順に従って、ご自分でやってみてください。

要件

サブスクリプションの作成は Power BI Pro の機能であり、コンテンツ (ダッシュボードまたはレポート) の表示または編集アクセス許可が必要です。

ダッシュボードを購読する

  1. ダッシュボードを開きます。

  2. 上部のメニュー バーで [受信登録する] または封筒アイコン を選びます。

  3. 黄色のスライダーを使うと、サブスクリプションのオン/オフを切り替えることができます。 スライダーをオフにしても、サブスクリプションが削除されることはありません。 サブスクリプションを削除するには、ごみ箱アイコンを選択します。

  4. サブスクリプションを保存するには、[保存して閉じる] を選択します。 基になるデータセットのいずれかが変わるたびに、ダッシュボードのスナップショットがメールで送信されます。 ダッシュボードが 1 日に複数回更新されても、スナップショット メールが届くのは最初の更新後の 1 回だけです。

    ヒント:

    メールをすぐに見たい場合は、 ダッシュボードに関連付けられているデータセットの 1 つを更新することで、メールをトリガーします (データセットの編集アクセス許可を持っていない場合は、アクセス許可を持っているユーザーに頼む必要があります)。ダッシュボードの作成に使われているデータセットを調べるには、ダッシュボードから [関連の表示] アイコン を選択し、[関連コンテンツ] を開いて更新アイコン を選択します。

レポート ページをサブスクライブする

  1. 閲覧モードでレポートを開きます。

  2. 上部のメニュー バーから、[購読] を選択します。

  3. 一度にサブスクライブできるレポート ページは 1 件に限られます。 ドロップダウンからレポート ページを選択してください。

    レポート ページを追加します。

  4. 黄色のスライダーを使用すると、各ページのサブスクリプションのオン/オフを切り替えることができます。 スライダーをオフにしても、サブスクリプションが削除されることはありません。 サブスクリプションを削除するには、ごみ箱アイコンを選択します。

  5. サブスクリプションを保存するには、[保存して閉じる] を選択します。 レポートが更新されると、各レポート ページのスナップショットがメールで届きます。 レポートが更新されなかった場合、その日はスナップショット メールが届きません。 レポートが 1 日に複数回更新されても、スナップショット メールが届くのは最初の更新後の 1 回だけです。

    ヒント:

    メールをすぐに見たい場合は、 データセットを開いて [今すぐ更新] を選ぶことで、メールをトリガーします。 データセットの編集アクセス許可を持っていない場合は、アクセス許可を持っているユーザーに頼む必要があります。

レポートのメール スケジュールを決定する方法

次の表では、メールを受信する頻度について説明します。 すべては、ダッシュボードまたはレポートの元になっているデータセットの接続方法 (DirectQuery、ライブ接続、Power BI へのインポート、OneDrive または SharePoint Online の Excel ファイル) および使用可能で選択されているサブスクリプション オプション (毎日、毎週、なし) によって決まります。

DirectQuery ライブ接続 スケジュールされた更新 (インポート) OneDrive/SharePoint Online の Excel ファイル
レポート/ダッシュボードの更新頻度 15 分ごと Power BI は 15 分ごとにチェックし、レポートが変更されている場合はデータセットを更新します。 ユーザーは、なし、毎日、または毎週を選びます。 毎日は、最大で 1 日に 8 回まで指定できます。 毎週は、実際にはユーザーが作成する週単位のスケジュールであり、最低 1 週間に 1 回から最高毎日までの範囲で、更新を設定します。 1 時間ごと
サブスクリプション メールのスケジュールをユーザーが制御できる範囲 オプション: 毎日または毎週 オプションなし: レポートが更新されるとメールが送信されます。ただし、最高 1 日 1 回です。 更新スケジュールが毎日の場合、オプションは毎日および毎週です。 更新スケジュールが毎週の場合、オプションは毎週だけです。 オプションなし: データセットが更新されるたびにメールが送信されます。ただし、最高 1 日 1 回です。

サブスクリプションを管理する

サブスクリプションの管理画面には、2 とおりの方法でアクセスできます。 最初の方法は、[メールを受信登録する] ダイアログから [すべてのサブスクリプションを管理] を選択することです (上記の手順 3 参照)。 2 つ目の方法は、上部のメニュー バーから Power BI 歯車アイコン を選択し、[設定] を選択することです。

表示されるサブスクリプションは、現在アクティブになっているワークスペースによって変わります。 すべてのワークスペースのすべてのサブスクリプションを一度に表示するには、[マイ ワークスペース] をアクティブにします。 ワークスペースの概要については、「Workspaces in Power BI」 (Power BI のワークスペース) を参照してください。

Pro ライセンスの有効期限が切れた場合、所有者がダッシュボードまたはレポートを削除した場合、またはサブスクリプションの作成に使われたユーザー アカウントが削除された場合、サブスクリプションは終了します。

考慮事項とトラブルシューティング

  • 現在のところ、コンテンツ パックまたは Power BI アプリから送られるダッシュボードまたはレポートについては、サブスクリプションを利用できません。 ただし、回避策があります。レポート/ダッシュボードのコピーを作成し、代わりにそのバージョンにサブスクリプションを追加します。

  • ライブ接続データセットでのメール サブスクリプションの場合、データが変更されたときにだけメールを受け取ります。 したがって、更新が発生してもデータが変わらない場合は、メールは送信されません。

  • メール サブスクリプションは、ほとんどのカスタム ビジュアルをサポートしていません。 例外は認定されているカスタム ビジュアルです。

  • メール サブスクリプションは、レポートの既定のフィルターとスライサーの状態で送信されます。 サブスクライブする前に既定値を変更しても、メールには反映されません。

  • メール サブスクリプションは、Power BI Desktop のサービスへのライブ接続機能で作成されたレポート ページではまだサポートされていません。

  • ダッシュボードのサブスクリプションに限り、特定の種類のタイルはまだサポートされていません。 ストリーミング タイル、ビデオ タイル、カスタム Web コンテンツ タイルなどです。

  • テナントの外部の同僚とダッシュボードを共有する場合、同僚はダッシュボードまたはそれに関連付けられているレポート ページを購読することはできません。 したがって、ユーザー aaron@xyz.com は anyone@ABC.com と共有することができます。 しかし、anyone@ABC.com は共有されたコンテンツを購読することはできません。

  • メールのサイズ制限のため、ダッシュボードまたはレポートに非常に大きい画像が含まれると、サブスクリプションが失敗する場合があります。

  • Power BI は、2 か月より長くアクセスされていないダッシュボードおよびレポートに関連付けられているデータセットの更新を自動的に一時停止します。 ただし、ダッシュボードまたはレポートにサブスクリプションを追加した場合は、アクセスがなくても一時停止されません。

  • サブスクリプション メールが送られてこない場合は、ユーザー プリンシパル名 (UPN) でメールを受信できることを確認してください。 Power BI チームはこの要件を緩和する作業を行っているので、お待ちください。

次の手順