ArcGIS マップと Power BI を組み合わせると、マッピングをマップ上のポイントの表現を越える、まったく新しいレベルに引き上げることができます。 基本マップ、場所の種類、テーマ、記号のスタイル、および参照レイヤーから選択して、すばらしい有益なマップの視覚エフェクトを作成します。 空間分析を使用してマップ上で権限のあるデータのレイヤーを組み合わせることで、より深く理解できる視覚化されたデータを伝達します。

ヒント: GIS は、グローバル情報サービス (Global Information Services) を表します。

次の例では、濃い灰色のキャンバスを使用して、2016 年の平均可処分所得の人口統計レイヤーに対するヒートマップとして、地域の売上を示しています。 読み進めるとわかるように、ArcGIS マップを使用すると、強化されたマップ機能、人口統計データ、さらにより説得力のあるマップの視覚エフェクトが提供されるため、最適なストーリーを伝えることができます。

ヒント:: 多くの例やユーザーの声を参照するには、Power BI 上の Esri のページにアクセスしてください。 その後、Esri が提供する Power BI の ArcGIS マップの概要ページを参照してください。

ユーザーの同意

Power BI の ArcGIS マップは Esri によって提供されます。 Power BI の ArcGIS マップのご利用の際には、Esri の使用条件およびプライバシー ポリシーが適用されます。 Power BI の ArcGIS マップ ビジュアルの使用を希望される Power BI ユーザーは、同意ダイアログを受け入れる必要があります。

リソース

使用条件

プライバシー ポリシー

Power BI の ArcGIS マップ製品ページ


ArcGIS マップ プレビューを有効にする

現在、ArcGIS マップは、Power BI サービス、Power BI Desktop、および Power BI モバイルで使用できます。 この記事では、サービスおよび Desktop での手順を示しています。

Power BI サービスで ArcGIS マップのプレビューを有効にする

ArcGIS マップ ビジュアルはプレビュー段階にあるため、Power BI で有効にする必要があります。 このチュートリアルでは、小売の分析のサンプルを使用します。 [Power BI の ArcGIS マップ] を有効にするには、次の手順を実行します。

  1. メニュー バーの右上のセクションから、歯車アイコンを選択して [設定] を開きます。

  2. [Power BI の ArcGIS マップ] チェック ボックスをオンにします。 選択を行った後、Power BI を再起動する必要があります。

  3. 編集ビューでレポートを開き、視覚エフェクト ウィンドウで Power BI の ArcGIS マップ アイコンを選択します。

  4. Power BI は空の ArcGIS マップ テンプレートをレポート キャンバスに追加します。


Power BI Desktop で ArcGIS マップのプレビューを有効にする

ArcGIS マップ ビジュアルはプレビュー段階にあるため、Power BI で有効にする必要があります。 このチュートリアルでは、小売の分析のサンプルを使用します。 この手順に従うには、Excel のサンプルをダウンロードします。 次に、[ファイル]、[インポート]、[Excel ブック コンテンツ] の順に選択して、小売の分析のサンプルを Desktop に読み込みます。

  1. [ファイル] > [オプションと設定] > [オプション] > [プレビュー機能] の順に選択します。

  2. [Power BI の ArcGIS マップ] チェック ボックスをオンにします。 選択を行った後、Power BI を再起動する必要があります。

  3. 編集ビューでレポートを開き、視覚エフェクト ウィンドウで Power BI の ArcGIS マップ アイコンを選択します。

  4. Power BI は空の ArcGIS マップ テンプレートをレポート キャンバスに追加します。


AcrGIS マップ ビジュアルを作成する

Watch では、何種類かの ArcGIS マップ ビジュアルを作成できます。次の手順を使用して、小売の分析のサンプルを使用してみてください。

  1. [フィールド] ウィンドウで、データ フィールドを [場所] または [緯度][経度] バケットにドラッグします。 この例では、[ストア] > [市区町村] を使用しています。

    : 選択したフィールドがマップの図形またはポイントとして最適に表示されているかどうかは、Power BI の ArcGIS マップによって自動的に検出されることに注意してください。 設定の既定値は調整することができます (下記参照)。

  2. [フィールド] ウィンドウで、メジャーを [サイズ] または [色] バケットにドラッグして、データの表示方法を調整します。 この例では、[セールス] > [Last Year Sales] (昨年の売上高) を使用しています。

AcrGIS マップの設定と書式設定

Power BI の ArcGIS マップ書式設定機能にアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. 視覚エフェクトの右上隅の省略記号を選択し、[編集] を選択して、追加機能にアクセスします。

    使用可能な機能は、視覚エフェクトの上部に表示されます。 各機能を選択すると、詳細なオプションを示す作業ウィンドウが開きます。

    : 設定と機能の詳細については、以下の「詳細なドキュメント」を参照してください。

  2. レポートに戻るには、レポート キャンバスの左上隅にある [レポートに戻る] を選択します。


詳細なドキュメント

Esri は、Power BI の ArcGIS マップの機能セットに関する包括的なドキュメントを提供します。

機能の概要

ベースマップ

キャンバス (ダーク グレー)、キャンバス (ライト グレー)、オープン ストリート マップ、ストリートという 4 つのベースマップが提供されます。 ストリートは、ArcGIS の標準的なベースマップです。

ベースマップを適用するには、作業ウィンドウで選択します。

場所の種類

Power BI の ArgGIS マップは、マップでのデータの最適な表示方法を自動的に検出します。 ポイントまたは境界から選択します。 場所の種類のオプションを使用すれば、これらの選択を微調整できます。

境界は、データに標準の地理的な値が含まれている場合にのみ機能します。 Esri は、マップに表示する図形を自動的に特定します。 標準の地理的な値には、国、都道府県、郵便番号などが含まれます。ただし、ジオコーディングの場合と同じように、Power BI は、フィールドを既定で境界にする必要があると判断しない可能性があり、データに境界が含まれない可能性があります。

マップのテーマ

4 つのマップ テーマが提供されます。 [場所のみ] および [サイズ] のテーマは、場所にバインドするフィールドに基づいて自動的に選択され、Power BI の [フィールド] ウィンドウの [サイズ] バケットに追加されます。 ここではサイズを使用しているため、ヒート マップに変更しましょう。

テーマ説明
場所のみ [場所の種類] の設定に基づいて、マップのデータ ポイントまたは塗りつぶされた境界がプロットされます。
ヒート マップ マップのデータの強度プロットがプロットされます。
サイズ フィールド ウィンドウのサイズ バケット値に基づいてサイズ設定されたベースマップのデータ ポイントがプロットされます。
クラスタリング マップの領域内のデータ ポイント数をプロットします。

記号のスタイル

記号のスタイルを使用すれば、マップ上のデータの表示方法を微調整できます。 記号のスタイルは、選択された場所の種類とマップのテーマに基づき、コンテキストに依存します。

ピン留め

ピン留めを追加することで、マップ上のポイントに注意を促します。

  1. [Pins] (ピン留め) タブを選択します。

  2. 検索ボックスに場所を入力し、ドロップダウン リストから選択します。

  3. Power BI でその場所にピン留めが追加され、ユーザーがピン留めの色を変更できます。

  4. ピン留めを追加および削除します。

参照レイヤー

参照レイヤー - 人口統計

Power BI の ArcGIS マップでは、Power BI からのデータのコンテキスト化に役立つ人口統計レイヤーを選択できます。

  1. [参照レイヤー] タブを選択し、[人口統計] を選択します。

  2. リストされるレイヤーにはそれぞれチェック ボックスがあります。 チェックマークを追加して、マップにそのレイヤーを追加します。 この例では、平均世帯年収を追加しました。

  3. 各レイヤーも対話型です。 バブルの上にマウスを置いて詳細を表示する場合と同じように、マップの網掛け部分をクリックして詳細を表示することができます。

参照レイヤー - ArcGIS

ArcGIS Online で、組織はパブリック Web マップを発行することができます。 さらに、Esri は Living Atlas を通じて選別された Web マップ セットを提供します。 [ArcGIS] タブでは、すべてのパブリック Web マップまたは Living Atlas マップを検索し、参照レイヤーとしてマップに追加することができます。

  1. [参照レイヤー] タブを選択し、[ArcGIS] を選択します。

  2. 検索語句を入力し、マップ レイヤーを選択します。 この例では、米国の下院選挙区を選択しました。

  3. 詳細を表示するには、網掛け部分を選択して [Select from reference layer] (参照レイヤーから選択) を開きます。この場合、参照レイヤーの選択ツールを使用して、参照レイヤーの境界またはオブジェクトを選択します。


データ ポイントを選択する

Power BI の ArcGIS マップでは 3 つの選択モードを使用できます。

選択モードを変更するには、次のように切り替えます。

個々のデータ ポイントを選択します。

マップに四角形を描画し、含まれるデータ ポイントを選択します。

参照レイヤー内で境界または多角形を使用して、含まれるデータ ポイントを選択することができます。

注: 一度に最大 250 のデータ ポイントを選択することができます。


ヘルプの表示

Esri は、Power BI の ArcGIS マップの機能セットに関する包括的なドキュメントを提供します。

Power BI の ArcGIS マップに関する Power BI コミュニティ スレッドで、質問、最新情報の検索、問題の報告、および回答の検索を行うことができます。

改善の提案がある場合は、Power BI のアイデア リストに送信してください。


組織内での Power BI の ArcGIS マップの使用を管理する

Power BI では、ユーザー、テナント管理者、および IT 管理者は Power BI の ArcGIS マップを使用するかどうかを管理することができます。

ユーザー オプション ユーザーが、Power BI Desktop の [オプション] のセキュリティ タブで無効にすることで、Power BI の ArcGIS マップの使用を停止できます。 無効になると、ArcGIS マップは既定では読み込まれなくなります。

ユーザーが、Power BI サービスのユーザー設定 Power BI の ArcGIS マップ (プレビュー) タブで無効にすることで、Power BI の ArcGIS マップの使用を停止できます。 無効になると、ArcGIS マップは既定では読み込まれなくなります。

テナント管理オプション PowerBI.com では、テナント管理者は、Power BI の ArcGIS マップを無効にすることですべてのテナント ユーザーが使用できないようにすることができます。 この場合、Power BI の視覚エフェクト ウィンドウに Power BI の ArcGIS マップ アイコンが表示されなくなります。

IT 管理者オプション Power BI Desktop では、組織に配置されているコンピューター全体で Power BI の ArcGIS マップを無効にするためのグループ ポリシーの使用がサポートされます。

属性
キー Software\Policies\Microsoft\Power BI Desktop\
valueName EnableArcGISMaps

値が 1 (10 進数) の場合は、Power BI の ArcGIS マップが有効になります。

値が 0 (10 進数) の場合は、Power BI の ArcGIS マップが無効になります。

提供されたグループ ポリシー テンプレートを使用すれば、グループ ポリシーに必要な構成をすばやく追加することができます。

テンプレート

PowerBIEsri.adml

PowerBIEsri.admx

考慮事項と制限事項

Power BI の ArcGIS マップ (プレビュー) は、次のサービスとアプリケーションで使うことができます。

サービス/アプリ使用できるかどうか
Power BI Desktop はい
Power BI サービス (PowerBI.com) はい
Power BI モバイル アプリケーション はい
Power BI Publish to Web いいえ
Power BI Embedded いいえ
Power BI サービスの埋め込み (PowerBI.com) いいえ

Power BI の ArcGIS マップ (プレビュー) を使うことができないサービスまたはアプリケーションでは、視覚エフェクトが Power BI のロゴを含む空のビジュアルとして表示されます。

住所をジオコード化すると、最初の 1500 個の住所だけがジオコード化されます。 場所の名前または国のジオコード化は、1500 個の住所制限の対象には含まれません。


Power BI の ArcGIS マップを使用する場合、料金はかかりますか。

すべての Power BI ユーザーは追加コストなしで Power BI の ArcGIS マップ (プレビュー) をご利用いただけます。 これは Esri によって提供されるコンポーネントであり、ご利用の際には、この記事の前述のとおり、Esri が示す使用条件およびプライバシー ポリシーが適用されます。

Power BI の ArcGIS マップで Esri シェープファイルはサポートされますか。

Power BI の ArcGIS マップは、国/地域、都道府県、郵便番号などの標準的な境界を自動的に検出します。 独自の図形を指定する必要がある場合は、Power BI Desktop のマップのシェイプ (プレビュー) を使用して指定できます。

オフラインで自分の ArcGIS マップを表示できますか。

いいえ、Power BI でマップを表示するには、ネットワーク接続が必要です。

Power BI から ArcGIS Online アカウントに接続することはできますか。

まだできません。 このアイデアに投票していただければ、この機能への取り組みを開始したときに電子メールをお送りします。

参照

Power BI の ArcGIS マップの可用性を発表するブログの投稿

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください