散布図には、必ず&2; つの値軸があり、横軸に沿って数値データの&1; つのセットが表示され、縦軸に沿って数値データのもう&1; つのセットが表示されます。 このグラフには x と y の数値が交差する位置に点が表示され、この&2; つの値が&1; つのデータ ポイントに結合されます。 これらのデータ ポイントは、データに応じて、横軸に沿って値が均等に分布したり、不均等に分布したりします。

バブル チャートは、データ ポイントをバブルに置き換えます。バブルの*サイズ*は、データの追加のディメンションを表します。

散布図とバブル チャートの使い分けについて

散布図は、次のような場合に最適な選択肢になります。

  • 2 つの 数値 (散布図)、または 3 つの数値 (バブル) の間の関係を示す。

  • 2 つのグループの数値を、xy 座標の&1; つの系列としてプロットする。

  • 水平軸のスケールを変更する場合に、折れ線グラフの代わりに使用する。

  • 水平軸を対数スケールに変更する。

  • ペアまたはグループになった値のセットを含むワークシート データを表示する。 散布図では、2 つの軸のスケールを独立して調整し、グループ化された値についてより多くの情報を引き出すことができます。

  • 大きなデータ セットからパターンを表示する。たとえば、線形の傾向や非線形の傾向、クラスター、外れ値を見つけることができます。

  • 時間に関係なく大量のデータ点を比較する。散布図に含めるデータが多いほど、より適切な比較を行うことができます。

バブル チャートは、次のような場合に最適な選択肢になります。

  • それぞれ値のセットを含む 3 つのデータ系列で構成されたデータがある。

  • 財務データを表示する。 バブル サイズを変更すると、特定の値を視覚的に強調できます。

  • 象限 (四分円) を使用する。

散布図を作成する

  1. 編集ビューで小売りの分析のサンプルを開き、新しいレポート ページを追加します。

  2. [フィールド] ウィンドウから、[Sales] > [Sales Per Sq Ft][Sales] > [Total Sales Variance %] を選びます。

  3. [フィールド] ウィンドウから [District]、[District] の順に選択します。

  4. 散布図に変換します。 [視覚化] ウィンドウで、散布図アイコンを選びます。

  5. [District] (地域)[詳細] から [凡例]にドラッグします。

これで、総売上高の差異 % を Y 軸に、平方フィートあたりの売上高を X 軸にプロットした散布図ができあがりました。 データ点の色は地区を表しています。 次に、3 番目のディメンションを追加してみましょう。

バブル チャートを作成する

  1. [フィールド] ウィンドウから、[Sales] > [This Year Sales] > [値][サイズ] 領域にドラッグします。

  2. バブルの上にマウスを置きます。 バブルのサイズは、 [This Year Sales]の値を反映しています。

  3. 必要に応じて、視覚化の色、ラベル、タイトル、背景などの書式を設定します。

トラブルシューティング

散布図グラフにデータ ポイントが&1; つだけ表示される

散布図に、X 軸上と Y 軸上のすべての値を集計した&1; つのデータ ポイントのみが表示されていますか? あるいは、1 本の横線または縦線に沿ってすべての値が集計されていますか?

[詳細] 領域にフィールドを追加して、値をグループ化する方法を Power BI に指示してください。 フィールドは、プロットするポイントごとに一意である必要があります。

  • たとえば、行番号や ID フィールドを使用すると、このようになります。

  • または、そのようなデータがない場合は、X と Y の値を連結してポイントごとに一意の値を持つフィールドを作成できます。

クエリ エディターを使用して、インデックス列をデータセットに追加します。 その後、この列を視覚化の [詳細]領域に追加します。

詳細については、「レポートの集計」を参照してください。

参照

視覚化をレポートに追加する

Power BI での視覚化の種類

Power BI - 基本的な概念

試してみる (無料)

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください