テーブルは、関連性のあるデータが論理的な一連の行と列に格納されたグリッドです。 ヘッダーと合計行が含まれる場合もあります。 テーブルは、1 つのカテゴリの多くの値を調べるときの定量的な比較で役に立ちます。 たとえば、次の表にはカテゴリに対する 5 つの異なるメジャーが表示されています。

テーブルを使う場合

テーブルは、次のような場合に最適です。

  • 詳細なデータと正確な値を表示および比較する場合 (視覚的な表現ではなく)

  • 表形式でデータを表示する場合

  • カテゴリ別に数値データを表示する場合

メモ:

テーブルの値が多すぎる場合は、マトリックスに変換したり、ドリルダウンを使うことを検討してください。

テーブルを作成する

先に進むには、Power BI にサインインして、[データの取得] > [サンプル] > [小売りの分析のサンプル] を選びます。 上の図のようなテーブルを作成し、品目カテゴリ別に売上高の値を表示するテーブルを作成します。

  1. [マイ ワークスペース] で [データセット] タブを選択し、追加した小売りの分析のサンプル データセットまでスクロールします。 レポートの作成アイコンを選択します。

  2. レポート エディターで [項目] > [カテゴリ] を選択します。 すべてのカテゴリを一覧表示するテーブルが自動的に作成されます。

  3. [Sales] > [Average Unit Price][Sales] > [Last Year Sales]、および [Sales] > [This Year Sales] を選び、3 つのオプション ([Value]、[Goal]、[Status]) をすべて選びます。

  4. 視覚化ウィンドウで [値] ウェルを探し、グラフの列の順序がこのページの最初の図と一致するまで、値をドラッグ アンド ドロップします。 [値] ウェルは次のように表示されています。

  5. ピン アイコンを選んで、ダッシュボードにテーブルをピン留めします。

テーブルの書式を設定する

テーブルの書式を設定する方法は実にさまざまな方法があるため、ここではごく一部を紹介します。 他の書式設定オプションの詳細については、[書式設定] ウィンドウを開いて (ペイント ローラー アイコン ) 確認することをお勧めします。

  • テーブル グリッドの書式を設定してみましょう。 ここでは、青色の垂直グリッドを追加し、行にスペースを追加し、アウトラインとテキスト サイズを少し増やしました。

  • 列ヘッダーについては、背景色を変更し、アウトラインを追加し、フォント サイズを増やしました。

  • その他の書式をいくつか設定すると、次のようなテーブルが完成します。 書式設定オプションは多数あるため、使い方を学ぶには、まず簡単なテーブルを作成し、[書式設定] ウィンドウ を開き、調べてみることをお勧めします。

条件付き書式設定

書式設定の一種として 条件付き書式設定 があり、Power BI サービスまたは Power BI Desktop の [値] のフィールドだけでなく、[視覚化] ウィンドウにも適用されます。

テーブルで条件付き書式を使用すると、グラデーション カラーの使用など、セルの値に基づいてカスタマイズされたセルの背景色を指定できます。

  1. Power BI サービスまたは Power BI Desktop の [視覚化] ウィンドウで、書式設定する [値] ウェルの値の横にある下向きの矢印を選択します (または、フィールドを右クリックします)。 条件付き書式を管理できるのは、[フィールド] ウェルの [値] 領域のフィールドだけです。

  2. [カラー スケール] を選択します。 表示されるダイアログ ボックスでは、色や、 最小最大 の値を構成できます。 [左右逆方向] ボックスをオンにした場合は、オプションの 中央 値も構成できます。

    カスタムの書式設定をいくつか [Average Unit Price] 値に適用してみましょう。 [左右逆方向] を選択し、いくつか色を追加し、[OK] を選択します。

  3. 正と負の値両方があるテーブルに新しいフィールドを追加します。 [Sales]、[Total Sales Variance] の順に選択します。

  4. [Total Sales Variance] の横にある下向きの矢印を選択して、データ バーの条件付き書式を追加し、[条件付き書式]、[データ バー] の順に選択します。

  5. 表示されるダイアログで [正のバー][負のバー] の色を設定し、[バーのみを表示] をオンにします。また、必要に応じて他の変更を行います。

    [OK] を選択すると、データ バーによってテーブル内の数値が置き換えられ、スキャンしやすくなります。

  6. 視覚化から条件付き書式を削除するには、再度フィールドを右クリックし、[条件付き書式の削除] を選択します。

ヒント:

条件付き書式は、[書式設定] ウィンドウ (ペイントローラー アイコン) からも使用できます。 値を選択して書式を設定し、[カラー スケール] または [データ バー] をオンに設定して既定の設定を適用するか、設定をカスタマイズして [詳細コントロール] を選択します。

テーブルの列の幅を調整する

Power BI では、レポートまたはダッシュボードの列見出しが切り捨てられることがあります。 列名全体を表示するには、見出しの右側の空白部分をポイントして二重矢印を表示し、選んでドラッグします。

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください