ウォーターフォール図では、値が加算または減算された際の累計 (現在の合計) が示されます。 一連の加算と減算の変化によって、初期値 (たとえば、純利益) が、どのように影響を受けるかを理解するために役立ちます。

各縦棒が色分けされるため、ひと目で増減を識別できます。 最初と最後の値の縦棒は、通常横軸を起点としますが、中間値の縦棒は浮動縦棒です。 この外観から、ウォーターフォール図はブリッジ図と呼ばれることもあります。

ウォーターフォール図を使用すべきケース

ウォーターフォール図は、次のような場合に最適な選択肢です。

  • 時系列やさまざまなカテゴリにわたりメジャーに変化がある場合

  • 合計値に影響を与える大きな変化を監査する場合

  • 収益のさまざまな要因を示すことによって、会社の年間利益をプロットして、総利益 (または損) に到達するよう表示する場合

  • 会社のある年の年始と年末の社員数をグラフに示す場合

  • 毎月の収入と支出、および口座の現在の残高を視覚化する場合

ウォーターフォール図の作成

先に進むには、Power BI にサインインして、[データの取得] > [サンプル] > [小売りの分析のサンプル] を選びます。

  1. [小売りの分析のサンプル] ダッシュボードで、 [Total Stores] (総店舗数) タイルを選び、[小売りの分析のサンプル] レポートを開きます。

  2. [レポートの編集] を選んで、編集ビューでレポートを開きます。

  3. 新しいレポートのページを追加します。

  4. 今年度の売上と売上目標を月単位で表示するウォーターフォール図を作成します。

    • [フィールド] ウィンドウで、[セールス] > [Total Sales Variance] (総売上差異) を選択します。
    • グラフを ウォーターフォールに変換します。

    • [Total Sales Variance] (総売上差異) が [Y 軸] 領域内にない場合、そこにドラッグします。

    • [時刻] > [FiscalMonth] を選択して、[Total Sales Variance] を [カテゴリ] に追加します。

強調表示とクロス フィルター処理

[フィルター] ウィンドウの使用方法については、「Power BI でのレポートへのフィルターの追加」をご覧ください。

ウォーターフォール図内の縦棒を強調表示すると、レポートのページ上の他の視覚化がクロス フィルター処理されます。逆の場合も同様です。 ただし、[合計] の縦棒では強調表示がトリガーされることも、クロス フィルター処理に反応することもありません。

参照

Power BI のレポート

Power BI での視覚化の種類

Power BI レポートでの視覚化

Power BI - 基本的な概念

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください