既定では、レポート ページ上の 1 つの視覚化を使って、そのページ上の他の視覚化に処理とクロス強調表示を適用できます。 たとえば、マップの視覚化で州を選択した時に、その州の縦棒グラフを強調表示し、その 1 つの州に当てはまるデータのみを表示するように折れ線グラフをフィルター処理できます。 「フィルター処理と強調表示について」を参照してください。

この既定の動作を変更するには、 [ビジュアルの相互作用] コントロールを使います。

メモ:

クロスフィルター処理クロス強調表示 という用語は、ここで説明する動作を、[フィルター] ウィンドウを使って視覚化のフィルター処理と強調表示を行う場合の動作と区別するために使っています。

  1. 視覚化を選んでアクティブにします。

  2. 上部のメニュー バーで [ビジュアルの相互作用] を選んでオンにします。 レポート ページの他の視覚化の上にフィルター処理と強調表示のアイコンが表示されることを確認してください。

  3. 選択した視覚化が他の視覚化に与える影響を決めます。

    • 他の視覚化にクロスフィルターを適用する場合は、[フィルター] アイコン を選びます。
    • 他の視覚化にクロス強調表示を適用する場合は、[強調表示] アイコン を選びます。
    • 影響を受けないようにする場合は、[影響なし] アイコン を選びます。
  4. レポート ページの他のすべての視覚化に対して繰り返します。

参照

レポート フィルターの使用方法

レポート内のフィルターと強調表示

Power BI - 基本的な概念

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください