データ視覚化 (ビジュアル) を使用すれば、お客様のデータに対して対話型の処理を行って、ビジネスに関する洞察を得ることができます。 レポートで視覚化を作成して変更してから、それらをダッシュボードにピン留めします。

Power BI を初めて使用する場合や、復習したい場合は、以下のリンクを使用して、Power BI 視覚エフェクトの基本を確認してください。 または、目次 (この記事の左側) を使用して役に立つ情報を見つけます。

Power BI での視覚化の追加

レポートのページに視覚エフェクトを作成します。 使用できる視覚エフェクトと使用できる視覚エフェクトのチュートリアルの一覧を参照します。

カスタムの視覚化をアップロードして Power BI で使用する

自分で作成した、またはコミュニティ ギャラリーで見つけたカスタムの視覚エフェクトを追加します。 自分でカスタマイズする場合は、 ソース コードを調べ、開発者ツールを使用して新しい視覚エフェクトの種類を作成して、コミュニティと共有してみてください。

視覚化の種類の変更

視覚エフェクトの種類の変更を試して、そのデータに関して最も効果的な視覚エフェクトを確認します。

視覚化のピン留め

望むとおりの視覚エフェクトができたら、タイルとしてその視覚エフェクトをダッシュボードにピン留めします。 ピン留めした後で視覚化をレポート内で変更しても、ダッシュボード上のタイルは変更されません。

参照

Power BI での視覚化の種類 Power BI のレポート
Power BI のダッシュボード
Power BI - 基本的な概念
他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください