OData フィードを使って Power BI Desktop から共有データセットにアクセスできます。

  1. OData フィード URL では、OData ソースに接続します。

    レポート サーバーの OData フィード ソース

  2. Power BI Desktop にデータを取り込んだ後は、クエリ エディターを使って変更できます。

    Power BI Desktop のクエリ エディターと OData フィード

  3. レポートの設計でデータを使えるようになりました。

    Power BI Desktop レポートの設計と OData フィード

オープン型の列を有効にして、ニーズに合わせて Power Query で列を適切に書式設定できるように、[詳細オプション] を使ってください。

詳細については、「Power BI Desktop で OData フィードに接続する」をご覧ください。

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティで質問してみてください